• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 赤坂地区の地域情報誌「赤坂青山 くらし」(最新号)

ここから本文です。

更新日:2019年10月28日

赤坂地区の地域情報誌「赤坂青山 くらし」(最新号)

 ファッション&ライフスタイル講座 4.心地よい秋の散策には自分にぴったりのスニーカーを履いて

協力:株式会社ニューバランス ジャパン、東京ミッドタウン ニューバランス六本木19:06(赤坂)

照りつける太陽を避けながら過ごす酷暑の日々が過ぎ去り、やっと快適に外を歩ける季節が訪れました。そんな秋晴れの日には、スニーカーを履いて出かけてみませんか。

他の靴に比べて、動きやすいことが大きな特徴のスニーカー。「歩くプロセス全部が楽になる」ような、パーツの細部にまでこだわった靴もたくさんあります。自分にぴったり合ったスニーカーを選ぶことで、足が疲れにくくなります。すなわち、動きやすく快適なスニーカーは、行動範囲を大きく広げてくれるファッションアイテムとも言えます。

今回は、東京ミッドタウンにある株式会社ニューバランス ジャパンのコンセプトショップ「ニューバランス六本木19:06」の店長・佐久間玲司さんに、スニーカーを選ぶポイントについてうかがいました。

スニーカー選びのポイント!

  • 用途を明確にしましょう
  • 自分の足のサイズをきちんと測りましょう
  • 必ず試着し歩いてみましょう
  • インソール(中敷き)を上手に活用しましょう
  • 店員さんに気軽に相談しましょう

自分に合ったスニーカーとは?

機能からデザインまで色々こだわりたい!

スニーカーと一口に言っても、機能やデザインによってたくさんの種類があります。歩きやすさ重視なのか、デザイン重視なのか、ご自身の用途によって賢く使い分けましょう。

 

各種スポーツ用

運動能力やパフォーマンスを最大限に引き出すために、それぞれの競技に応じた機能が重視されます。

散歩・街歩きなどの普段使い用

スポーツ用靴の機能を活かしたはき心地の良さと快適性のバランスのとれたものを選ぶとよいでしょう。

おしゃれ用

自分のファッションに合わせて、高級感のある素材使いでフォーマルに見えるものや、自分でデザインを選んでセミオーダーができるものなど、デザインを重視しつつ、その中から履きやすいものを選ぶとよいでしょう。

自分の足の正しいサイズを知っていますか?

自分で知っている足のサイズが思い込みであることが多々あります。「足長(そくちょう)」や「足幅(あしはば)」が自分で知っているサイズと違ったり、両足のサイズが違うこともよくあります。加齢によっても足の形は変化するため、若い頃と同じではありません。

「足長」「足幅」に加え、「土踏まずの高さ」や「左右差」など、3Dスキャンで緻密なサイズを測ってくれるお店もありますので、上手に活用しましょう。

必ず試着をして店内を歩き、相性を確認しましょう。

靴のサイズ設定は、表記は同じでも、メーカーやブランドの種類によって変わっていることがあるため、靴を選ぶときは、必ず試着をすることが大切です。

試着の際には必ず靴下をはいた状態で、かかとをつけて靴を履き、スニーカーと足の隙間をうめるように靴ひもを下から順に締めていきます。靴ひもを通す穴の数の調整も、つま先からかかとまでを支えるために重要なチェックポイント。

履いてから店内を試しに歩き、かかとが浮いたり、つま先がきつくて痛くならないか、必ず確認しましょう。また、靴底が柔らかすぎると疲れやすく、バランスを崩しやすくなりますので注意してください。

快適なスニーカーに重要なのはインソール(中敷き)!

足には個人差があって、運動機能や疲れやすさに違いが出ます。

例えば、土踏まずのアーチが高い人はもともと疲れにくい足の構造。逆に土踏まずがあまりない人やアーチが低い人は、靴にインソールを足してサポートすると、疲れにくくなります。また、左右でサイズが異なる場合も、インソールを使うことで調整することができます。

インソールは使っているうちに劣化してしまいます。穴が空いたり、ペラペラになってきたら交換しましょう。

お気に入りのスニーカーを長く履くために

毎回清潔なソックスを履いて足の汗を吸収させることで、インソールが長持ちします。また、スニーカーを1日休ませ、湿気をとばすことも大切です。お気に入りなので毎日履きたい!という場合は、インソールを2枚用意して1日ごとに替えるのも有効です。

外側の汚れが気になるときは、靴ブラシやスニーカー専用のクリーナーで手入れをし、つや出しミストをかけてから防水スプレーを使うと、きれいになります。

すでにスニーカーをお持ちの方はここをチェック!

靴底の溝やかかとがすり減っている

滑る、転ぶなどの危険が増すので、ソールを取り替えるか、買い替えましょう。

靴ひもはいつも結びっぱなし

靴を履くごとに靴ひもを結び直すことで、安定性が増し、疲れにくくなります。


普段からシニア世代にも、スニーカーやそれに似合うファッションアイテムを提案しているという佐久間さん。「スニーカーをご覧のお客様には、まず用途や好みのデザインをお聞きします。そこから時間をかけて試着していただき、その人にぴったり合う靴をご提案しています」とのこと。

店員さんは靴選びのプロ。足の悩みや靴選びに迷ったら、気軽に相談してみましょう。自分でも思いがけず、お気に入りの1足に出会えるかもしれません。

 

佐久間 玲司 さん

10代でニューバランスと出合い、その履き心地とデザインに魅了され、以降スニーカーはニューバランスのみをずっと愛用。その後複数のアパレルブランドを経て、2016年株式会社ニューバランス ジャパンに入社。2017年5月ファッション、リミテッド商品に特化した、日本で唯一のコンセプトショップ 『ニューバランス六本木19:06』店のオープニングから店長を務める。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5413-7272