現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 地球環境 > 地球温暖化対策 > 港区の二酸化炭素排出量について

ここから本文です。

更新日:2020年6月11日

港区の二酸化炭素排出量について

平成29(2017)年度の港区全域における二酸化炭素排出量を公表します。

区の二酸化炭素排出量は、都内の区市町村で最も多く、平成2(1990)年度に比べ、30パーセント近く増加しています。

二酸化炭素排出量の増加は、地球温暖化を招くと考えられ、地球全体の気候に変動をもたらし、自然環境や私たちの生活に大きな影響を及ぼすことが懸念されています。

地球温暖化による影響を最小限に抑えるため、私たち一人ひとりが二酸化炭素排出量の削減につながる省エネルギー等に取り組むことが必要です。

平成29(2017)年度の二酸化炭素排出量

3,793(千t-CO2

温室効果ガス(二酸化炭素)排出量の推移及び部門別排出量は以下のとおりです。

港区の温室効果ガス(二酸化炭素)排出量の推移(PDF:440KB)

 

温室効果ガス(二酸化炭素)排出量は、オール東京62市区町村共同事業「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」により公表されているデータを用いています。

オール東京62市区町村共同事業「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」とは、東京のみどりの保全や温暖化防止について連携・共同して取り組むため、都内62区市町村が平成19(2007)年度から展開している事業です。

参考

・ECOネット東京62「温室効果カ゛ス排出量」(外部サイトへリンク)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球温暖化対策担当

電話番号:03-3578-2479