更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

下に黒い線があることばは辞書の説明を見ることができます。

港区の 家を 借りる

港区の 賃貸住宅

港区には、給料が 少ない または 給料が 普通の 家族、一人で 住みたい 人が 住むことが できる 賃貸住宅が あります。家賃は 高くありません。
住む人を 集めるための 案内を するときは「広報みなと」や 区の 掲示板、港区ホームページで 教えます。

家の 種類

住むことが できる 人

区立住宅

特定公共賃貸住宅

借上住宅

中堅所得者

区営住宅

低額所得者

住むために 必要なこと

  1. 賃貸住宅に 住みたい 人、住みたい 人の 親、住みたい 人と 結婚している 人の 親の 誰かが 港区に 住んでいること
  2. 外国の 人は、日本に 永住か 定住するか、日本に 1年より 長く 住んでいること
  3. 住むための 家が なくて 困っていること
  4. 住む人が 20歳以上で あること
  5. いま、一緒に 住んでいるか、これから 一緒に 住む 家族が いること(家族のための 家として 住むとき)
  6. 家族の 給料が 決まった 範囲の 金額で あること(金額は 家の 種類で 変わります)
  7. 港区に 住民税を 払って いること
  8. 住みたい 人と 一緒に 住む 人が 暴力団員でないこと

※結婚していない 人が 住むことが できる 家と、特定公共賃貸住宅高齢型住戸は 住むために 必要なことが この上に 書いていることとは 違います。

※2020年4月1日から 港区の「みなとマリアージュ制度」を 使うことが できます。「みなとマリアージュ制度」は、男性でも 女性でも、一緒にいたい 人と、家族として くらせる 仕組みです。そのため、区営住宅区立住宅借上住宅に 住むことが できる 人には「住む 人と 一緒に みなとマリアージュ制度を 使う 人」も 入ります。(特定公共賃貸住宅は 入りません)

聞く ところ:住宅課住宅管理係 電話番号03-3578-2266~2269