現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 学校・幼稚園・教育 > 就学援助 > 奨学資金の貸付け

ここから本文です。

更新日:2020年12月10日

奨学資金の貸付け

港区の奨学資金制度は、高等学校等を卒業後2年以内で初めて大学・短大・専修学校の専門課程に進学予定または在学の方で、学業に意欲をもちながらも経済的理由により進学又は修学が困難な方に奨学金をお貸ししています。

1 応募資格

奨学金の貸付けを受けられる人は、次の要件を備えていることが必要です。

  • (1) 貸付日の6ヵ月前から保護者が港区に住所を有していること。
  • (2) 経済的理由により進学又は修学が困難であること。
  • (3) 高等学校等を卒業後2年以内で初めて大学・短大・専修学校の専門課程に進学予定又は在学する者であること。(ただし、大学の専攻科、別科及び大学院を除く。)
  • (4) その他同種の返還義務のある奨学金を借りていないこと。(併願はできますが、両方を同時に借りることはできません。)
  • (5)学校長の推薦がある者。

2 貸付基準

奨学生の決定に当たっては、次の基準によります。

  • (1)健康状態 修学に堪えられる健康状態であること。
  • (2)学資状態 奨学金を受けなければ、修学が困難であること。
  • (3)勉学意欲 勉学の意志があり、学業を確実に修了する見込みがあること。

3 奨学金の貸付け

奨学金は、奨学生に対して原則として毎月貸し付けます。また、入学資金は入学に際して必要な資金として希望者に貸し付けます。

大学等

 

 

公立

私立

月額

自宅通学

45,000円以内

54,000円以内

自宅外通学

51,000円以内

64,000円以内

入学資金

300,000円以内

※貸付金(奨学金と入学資金)は無利子です。また、入学資金のみの貸付けはできませんのでご注意下さい。

4 貸付期間

奨学資金の貸付期間は、大学等の場合には正規の修学期間内です。

5 返還

奨学金は無利子です。貸付け終了の翌月から1年の据置き期間ののち、奨学生は貸付総額を12年以内で月賦、半年賦・年賦のいずれかの方法により、均等分割で返還することとなります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育推進部教育長室教育総務係

電話番号:03-3578-2111(内線:2713)