• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年6月30日

大気汚染物質

大気汚染物質には、硫黄酸化物や炭化水素のように、主に、工場・事業場等の固定発生源から排出されるものと、窒素酸化物や浮遊粒子状物質のように、主に、自動車などの移動発生源から排出されるものがあります。東京では、自動車の増加による窒素酸化物、浮遊粒子状物質についての大気汚染が深刻な状況です。特に、ディーゼル車の排気ガス中の粒子状物質については、発がん性や花粉症などの健康被害が懸念されています。

国では、「自動車Nox・PM法」に基づく車種規制の実施、東京都ではディーゼル車規制などを実施しています。今後とも大気汚染調査のデータを有効に活用し、大気汚染を低減するための対策を推進していく必要があります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課環境指導・環境アセスメント担当

電話番号:03-3578-2492

ファックス番号:03-3578-2489