現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 手帳 > 身体障害者手帳(国の制度)

ここから本文です。

更新日:2021年12月17日

身体障害者手帳(国の制度)

身体障害者マーク

内容

身体的障害者 (児) が身体障害者福祉法に定める障害に該当すると認められた場合に、本人(15歳未満の場合は保護者)の申請に基づき、交付されます。

障害程度の等級について、詳しくは身体障害者障害程度等級表をご覧ください。

手帳の種類

等級

視覚障害

1級~6級

聴覚障害

2級~4級・6級

平衡機能障害

3級・5級

音声・言語・そしゃく機能の障害

3級・4級

肢体不自由(上肢、下肢、乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害)

1級~7級

肢体不自由(体幹)

1級~3級・5級

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の機能障害

1級・3級・4級

ヒト免疫不全ウイルスによる免疫、肝臓の機能障害

1級~4級

申請方法

  1. 申請に必要なもの
    • 指定医師の診断を受けた身体障害者診断書・意見書
      身体障害者診断書・意見書を「指定医師」に作成してもらいます(所定の診断書意見書は各総合支所区民課にあります)。
    • 写真(タテ4センチメートル×ヨコ3センチメートル、無帽、上半身)
    • マイナンバーカード等
    • ※ 指定医師についてはお問い合わせください。
  2. 各総合支所区民課に申請します(15歳未満の場合は保護者が申請します)。
  3. 手帳の申請後、約1か月で手帳が交付されます。

内容変更、更新、再交付の手続き

  1. 住所、氏名に変更があったときは、必ず届け出てください。
  2. 障害の程度に大きな変更のあったときは、手帳の更新をすることができます。
  3. 手帳を紛失したときは、再交付できますので写真、印鑑を持参のうえ各総合支所区民課へ申請してください。

窓口・お問い合わせ

各総合支所 区民課 保健福祉係

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口