現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 子ども・家庭 > 子育て支援施設 > 学童クラブ > 学童クラブ育成料について

ここから本文です。

更新日:2020年8月26日

学童クラブ育成料について

港区では、安定的に学童クラブを運営するとともに、サービスを受ける方への負担の明確化を図るため、「港区学童クラブ条例」を制定しました。

平成31年4月から、港区が運営する学童クラブにおいて「学童クラブ育成料」を導入しています。

金額

月額3,000円

※月の途中の入会、退会等によりその月における学童クラブの在籍日数が15日以下のときの当該月分の育成料は、1,500円とします。

※長期休暇などで欠席した場合で、学童クラブを辞退しない限り育成料はかかります。

※育成料のほか、おやつ代・お楽しみ会費(月額2,000円)を徴収します。

学童クラブ育成料について(PDF:125KB)

納付方法

口座振替または納付書によるお支払い(各金融機関、ゆうちょ銀行または郵便局の窓口)

※口座振替依頼書は、各学童クラブ、各地区総合支所管理課または区役所7階子ども家庭課の窓口で配布しています。

※納付書は毎月20日前後に送付いたします。

学童クラブ育成料口座振替(自動払込)のご案内について(PDF:155KB)

減免制度

区の子育て支援施策と同様に、低所得世帯や多子世帯に対する減免制度(負担軽減措置)があります。以下の対象者については、申請により育成料を全額免除します。

【対象者】

  • 生活保護世帯
  • 区市町村民税非課税世帯
  • 生活保護に準ずる世帯(生活保護基準額の1.2倍以下の世帯、18歳未満の子どもが3人以上の場合は1.31倍以下の世帯)※
  • 低所得のひとり親世帯(児童扶養手当受給世帯)
  • 兄弟・姉妹で学童クラブに入会している児童の第2子以降

※港区教育委員会の就学援助制度を受けている世帯は減免の対象となります。

生活保護に準ずる世帯の例

世帯人数

家族構成(モデルケース)

基準所得額の目安

2人

母30歳・子(小1=6歳)

約294万円以下

3人

父35歳・母30歳・子1人(小2=7歳)

約362万円以下

4人

父40歳・母35歳・子2人(中1=12歳、小3=8歳)

約436万円以下

5人

父40歳・母40歳・子3人(中2=13歳、小4=9歳、2歳)

約495万円以下

6人

父45歳・母40歳・祖母70歳・子3人(中3=14歳、小5=10歳、5歳)

約549万円以下

申請方法

学童クラブ育成料減額・免除申請書及び申請理由に対しての添付書類をご用意のうえ、港区役所7階子ども家庭課(706窓口)に持参または郵送ください。

学童クラブ育成料の減免制度(申請方法)について(PDF:119KB)

学童クラブ育成料減額・免除申請書(PDF:117KB)

学童クラブ育成料減額・免除申請書(記入例)(PDF:107KB)

新型コロナウイルス感染症予防による利用の自粛の方への減免について

月のうち1日でもご利用される場合は、育成料を徴収させていただきますが、新型コロナウイルス感染症予防を理由に利用を自粛される場合は、「学童クラブ育成料免除申請書」を各施設に8月31日までにご提出いただき、徴収しないものとします。

通常、2か月にわたり利用がない場合は退会となりますが、特例として「学童クラブ育成料免除申請書」を提出することで在籍を保証します。

これまで、1か月ごとの申請でしたが、9月分より、最長12月までの免除申請を受け付けます。

利用の再開は随時可能ですが、予め施設に連絡をした上でご利用下さい。(利用再開後は育成料を徴収させていただきます)

新型コロナウイルス感染症予防による利用自粛の方はこちらの申請書を各学童クラブにご提出ください。

学童クラブ育成料免除申請書(9月から12月申請分)(PDF:103KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部子ども家庭課子ども青少年育成係

電話番号:03-3578-2426

ファックス番号:03-3578-2384