ここから本文です。

更新日:2016年3月30日

芝公園発見!歴史とロマン02 増上寺6将軍の霊廟

質問です。江戸時代、増上寺がかかえていた橙家の数は?
答えは1つ。征夷大将軍の徳川家のみです。天正18(1590)年、家康との師檀関係が成立し、その後、徳川家の菩提所となりました。2代将軍の秀忠を筆頭に6人の将軍が葬られています。
3代将軍の家光が先代秀忠の霊廟(れいびょう=霊をまつった建物)を建設した際には、塗り師や大工など最高水準の技術者が集められました。広大な敷地に造られた霊廟は荘厳を極めました。日光東照宮はこれを基礎に造営されたと考えられています。
増上寺内の寺院や五重の塔、各霊廟は第二次世界大戦末期の空襲により、三門や旧台徳院(秀忠)霊廟惣門など一部を除いてほとんどが焼失してしまいました。歴史に「もし...」はありえませんが、戦災から増上寺が免れていれば、私たちは世界遺産級の文化財を間近に見ることができていたかもしれません。

旧台徳院霊廟惣門

増上寺の梵鐘

  • この情報は、平成20年(2008年)9月1日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034