現在のページ:トップページ > 区政情報 > 広聴 > よくある質問 > 届出・証明・住民の手続き > 住民基本台帳カードをなくしてしまったのですが、どうすればよいですか。

ここから本文です。

更新日:2020年7月28日

住民基本台帳カードをなくしてしまったのですが、どうすればよいですか。

質問

住民基本台帳カードをなくしてしまったのですが、どうすればよいですか。

回答

まずは、住民基本台帳カードの一時停止の手続を行ってください。(電話での申請も受け付けています。)一時停止は緊急的な対応です。早急に窓口にて廃止の手続をしてください。
※外での紛失や盗難の場合は必ず近くの警察へ届けをし、受理番号が書かれた紙を受け取ってお持ちください。

また、住民基本台帳カードの新規交付・再交付は平成27年12月で終了したため、新しくカードを作ることはできません。ご希望があればマイナンバーカード(個人番号カード)を申請してください。

※「マイナンバーカード(個人番号カード)について」を参照。

提出書類等

住民基本台帳カード一時停止届

●本人確認書類「本人確認書類について」を参照。
※有効期限の有るものについては、有効期限内のもの。
●法定代理人が手続きされる場合は、法定代理人であることを証明するものも必要です。
※親権者の場合…戸籍謄本(港区に本籍のある場合は不要です。)
※後見人の場合…成年被後見人と後見人の関係が確認できる証明書(法務局発行)。

届出窓口

各総合支所区民課窓口サービス係

届出人

本人または法定代理人

届出方法

電話または受付窓口で「住民基本台帳カードを紛失したこと」「住所」「氏名」などを申し出てください。

特記事項

見つかりました場合は、一時停止解除の手続を窓口でしてください。

お問い合わせ先

各総合支所区民課窓口サービス係

芝地区03-3578-3141
麻布地区03-5114-8821
赤坂地区03-5413-7012
高輪地区03-5421-7612
芝浦港南地区03-6400-0021