• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 広聴 > よくある質問 > 福祉 > 身体障害者補助犬に対するマナーがよくわかりません。町でみかけた時注意する点は何ですか。

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

身体障害者補助犬に対するマナーがよくわかりません。町でみかけた時注意する点は何ですか。

質問

身体障害者補助犬に対するマナーがよくわかりません。町でみかけた時注意する点は何ですか。

回答

補助犬とは、目や耳や手足が不自由な人のお手伝いをする盲導犬、介助犬、聴導犬のことです。からだの不自由な人のからだの一部であり、ペットではありません。むやみに触ったり気を引いたりせず温かく見守りましょう。ただし、補助犬がいれば使用者に何も援助をする必要がないということでもありません。補助犬を連れている方が困っていたら、お手伝いをする意志を伝えてください。また、補助犬が仕事をしやすいように、歩道への自転車の放置などはやめましょう。

お問い合わせ先

※東京都福祉保健局 障害者施策推進部自立生活支援課 社会参加推進係

03-5320-4147