• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 産業・文化・観光 > 文化・芸術振興 > 文化芸術振興事業 > 文化芸術のみなと「ミナコレ(MINATO COLLECTION)」

ここから本文です。

更新日:2017年1月12日

文化芸術のみなと「ミナコレ(MINATO COLLECTION)」

化芸術のみなと「ミナコレ(MINATO COLLECTION)」とは、夏(7月下旬から8月末)と冬(2月の1ヶ月間)の年2回、港区内の美術館や博物館などの文化施設と区が連携して、文化芸術イベントを集中的に開催する事業です。イベント開催期間中は、各施設が実施するイベントのほかに、夏はスタンプラリー、冬は港区内の美術館・博物館を巡る「ミナコレバスツアー」を実施しています。
民の皆さんや、港区を訪れる多くの皆さんに、区内の豊富な文化芸術資源に気軽に触れていただくことによって、文化・芸術への理解を深め、新たな発見や、豊かな心の育成に繋げます。

ミナコレ公式キャラクター

ミナコレ公式キャラクター
(左)グルーにゃ
(右)グルグル王子

ミナコレ2014夏_画像(ペンケース)

夏限定ナコレスタンプラリー
(景品は毎年変更します)

ミナコレバスツアー

冬限定ミナコレバスツアー

 

【予告】2017 WINTER MINATO COLLECTIONを開催します。

ミナコレ期間:2017年2月1日(水曜)~2月28日(火曜)

区内のミュージアムが参加し、展覧会やワークショップなど、各館の特色を生かしたイベントを実施します。

※今年は、無料巡回バスの運行はありません。

グルーにゃとグルグル王子

ミナコレ2017冬パンフレットはこちらから(PDF:6,378KB)

 ミナコレ2017冬パンフレット表紙

【特別開催】学芸員・スタッフによる解説付き!ミナコレバスツアーに参加しよう!

対象 小学生以上の区内在住・在勤・在学者(小学生は保護者同伴)

定員 各20人(応募者多数の場合抽選)

参加費 無料

とき・ところ 全ツアー港区役所に正午集合、港区役所で午後5時頃解散

申し込み

申し込みに必要な情報

1.代表者氏名(ふりがな) 2.代表者の郵便番号・住所(在勤・在学者はその旨を明記) 3.代表者の電話番号

4.ご希望のツアー(1グループ1つまで) 5.参加者全員の氏名(代表者含め最大4人まで。ふりがなを明記)

※参加者は、全員が港区在住・在勤・在学者である必要があります。

申し込み方法

方法

受付開始日

締切

宛先・連絡先

必要事項

はがき

 

12月19日(月曜)

 

1月18日(水曜)必着

〒105-8511(住所不要)

港区役所地域振興課文化芸術振興係

 

1.~5.を明記の上、

ご応募ください。

FAX

FAX番号:03-3438-8252

電話

1月9日(月曜)

午後3時

1月18日(水曜)

午後5時

みなとコール:03-5472-3710

(午前9時~午後5時受付)

1.~5.をお伝えください。

※1月下旬ごろに、代表者に郵送で抽選結果を通知します。

バスツアーコース一覧

コース

ツアーのテーマ

日にち

ミュージアム ※巡る順番は未定です。

主な展示内容 ※内容は変更となる場合があります。

A

現代日本画と近代西洋画

2月6日(月曜)

伊藤忠青山アートスクエア

須藤和之 新進日本画家展 ―季節を渡る風―

パナソニック 汐留ミュージアム

マティスとルオー展~手紙が明かす二人の秘密~

B

歴史を知る

~東京・物流の今昔~

2月10日(金曜)

東京都立中央図書館

東京凸凹地形―地形から見た東京の今昔―

港区立港郷土資料館

遺跡から見た港区の歴史・さわれる展示室

物流博物館

物流の歴史・ふろしきバッグ作り

C

古今東西の陶磁器を味わう

2月15日(水曜)

松岡美術館

館蔵 東洋陶磁展

根津美術館

コレクション展「染付誕生400年」

サントリー美術館

「サントリー美術館新収蔵品 コレクターの眼」展

D

大都会で自然にひたる

~森と海~

2月17日(金曜)

国立科学博物館附属自然教育園

季節にあったテーマで園内を案内

アクアパーク品川

バックヤードツアー等

東京海洋大学マリンサイセンスミュージアム(水産資料館)

常設展 海へのいざない

E

土曜に巡る区内のミュージアム

2月18日(土曜)

菊池寛実記念 智美術館

工芸の現在 第2回菊池寛実賞

畠山記念館

冬季展「新年の宴―トリ年を祝って」

NHK放送博物館

放送のあゆみと未来・ラジオから8Kまで

F

最新技術を体感する!

2月21日(火曜)

TEPIA 先端技術館

体感しよう!未来を拓く先端技術

ニコンミュージアム

体感コーナーユニバースオブニコンなど

G

新しい芸術を知ろう

~現代美術とデザイン~

2月22日(水曜)

21_21 DESIGN SIGHT

アスリート展

森美術館

N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅

慶應義塾大学アート・センター

現代美術と印刷物:雑誌アヴァランチの時代

H

区内のミュージアムをグルグル巡ろう

2月24日(金曜)

国立新美術館

草間彌生 わが永遠の魂

TOTOギャラリー・間

堀部安嗣展 建築の居場所

伊勢半本店 紅ミュージアム

」の歴史と江戸の化粧文化

 

ミナコレ参加館(全31館)

ミナコレ期間中は、バスツアーの他にも、各ミュージアムで展覧会やワークショップ等のイベントを開催しています。

青山エリア

  施設名 住所
1 TEPIA 先端技術館(外部サイトへリンク) 港区北青山2-8-44
2 伊藤忠青山アートスクエア(外部サイトへリンク) 港区北青山2-3-1シーアイプラザB1階
3 根津美術館(外部サイトへリンク) 港区南青山6-5-1
4 岡本太郎記念館(外部サイトへリンク) 港区南青山6-1-19
5 伊勢半本店 紅ミュージアム(外部サイトへリンク) 港区南青山6-6-20

赤坂・六本木エリア

  施設名 住所
6 TOTOギャラリー・間(外部サイトへリンク) 港区南青山1-24-3TOTO乃木坂ビル3階
7 国立新美術館(外部サイトへリンク) 港区六本木7-22-2
8

21_21 DESIGN SIGHT(外部サイトへリンク)

港区赤坂9-7-6東京ミッドタウン・ガーデン内
9 サントリー美術館(外部サイトへリンク) 港区赤坂9-7-4東京ミッドタウンガレリア3階
10 東京ミッドタウン・デザインハブ(外部サイトへリンク) 港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー5階
11 フジフイルム スクエア(外部サイトへリンク) 港区赤坂9-7-3東京ミッドタウン
12 森美術館(外部サイトへリンク) 港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53階
13 東京都立中央図書館(外部サイトへリンク) 港区南麻布5-7-13有栖川宮記念公園内

新橋・虎ノ門・芝エリア

  施設名 住所
14

外務省外交史料館(外部サイトへリンク)

港区麻布台1-5-3
15 菊池寛実記念 智美術館(外部サイトへリンク) 港区虎ノ門4-1-35西久保ビルB1
16

NHK放送博物館(外部サイトへリンク)

港区愛宕2-1-1
17

旧新橋停車場鉄道歴史展示室(外部サイトへリンク)

港区東新橋1-5-3
18 パナソニック 汐留ミュージアム(外部サイトへリンク) 港区東新橋1-5-1東京汐留ビル4階
19 アド・ミュージアム東京(外部サイトへリンク) 港区東新橋1-8-2カレッタ汐留B1・B2
20

共同通信社ニュースアート(1階から3階)(外部サイトへリンク)

パークホテル東京(25階アートラウンジ)(外部サイトへリンク)

港区東新橋1-7-1汐留メディアタワー
21 港区立港郷土資料館(外部サイトへリンク) 港区芝5-28-4港区立三田図書館4階
22

慶應義塾大学アート・センター(外部サイトへリンク)

港区三田2-15-45

白金台・高輪エリア

  施設名 住所
23 松岡美術館(外部サイトへリンク) 港区白金台5-12-6
24 国立科学博物館附属自然教育園(外部サイトへリンク) 港区白金台5-21-5
25 東京都庭園美術館(外部サイトへリンク) 港区白金台5-21-9
26

畠山記念館(外部サイトへリンク)

港区白金台2-20-12
27 味の素食の文化センター 食の文化ライブラリー(外部サイトへリンク) 港区高輪3-13-65味の素グループ高輪研修センター内
28 物流博物館(外部サイトへリンク) 港区高輪4-7-15
29

アクアパーク品川(外部サイトへリンク)

港区高輪4-10-30品川プリンスホテル

芝浦港南エリア

  施設名 住所
30 ニコンミュージアム(外部サイトへリンク) 港区港南2-15-3品川インターシティC棟2階
31 東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム(水産資料館)(外部サイトへリンク) 港区港南4-5-7東京海洋大学キャンパス内

これまでのミナコレ(MINATO COLLECTION)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部地域振興課文化芸術振興係

電話番号:03-3578-2343