現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 平和・人権 > 人権の取り組み > 人権啓発事業 > 「人権連続講座みなと2022」を開催します

ここから本文です。

更新日:2022年9月9日

「人権連続講座みなと2022」を開催します

本講座は、知っておきたい「人権」のことをわかりやすく学べる講座です。ぜひお気軽にご参加ください

なお、本講座実施にあたっては、新型コロナウイルス感染症に配慮して実施します。

  • 参加は無料です。
  • 事前申し込が必要です
  • 一時保育あり(4カ月~就学前)。申し込み時にお申し出ください。
  • 情報保障あり。申し込み時にお申し出ください。

  人権連続講座みなと2022チラシ(PDF:442KB)

実施内容

第1回 国際法からみた「外国人」の人権

    難民、入管制度、技能実習生をめぐって

日時 場所 内容・定員 申込期限

9月26日(月曜)

午後2時から4時まで

【会場参加】東京都人権プラザ セミナールーム(芝2-5-6 芝スクエアビル 1階)

【オンライン参加】Zoom 講座開催前日までに招待URLをメールにてお送りします。

講師:阿部 浩己 さん(明治学院大学国際学部教授)

日本にはすでに多くの外国人が暮らしています。

ヘイトスピーチ、入国管理施設での人権侵害、難民認定や技能実習制度など、外国人の人権問題に注目が集まっている現状を踏まえて、本講座では、国際法の視点から外国人の人権について考えます。インクルーシブな社会に向けて、人権の価値を多くの方と共有したいと思います。【会場定員40名】

※情報保障・一時保育あり

9月15日(木曜)

 第2回   「世界で最も過酷な場所」で起こっている真実を知る。

     ―映画「トゥルーノース」上映とトーク

日時 場所 内容・定員 申込期限

11月1日(火曜)

午後6時30分から8時30分まで

男女平等参画センターリーブラホール(芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦1階)

講師:清水 ハン 栄治 さん(映画「トゥルーノース」監督)

北朝鮮の政治犯強制収容所で、過酷な毎日を生き抜く日系家族とその仲間たちの姿を3Dアニメーションで描いた「トゥルーノース」は収容体験をもつ脱北者や元看守などにインタビューを行い、10年もの歳月をかけて作り上げられました。本講座では映画上映後に、自身も在日コリアンである、清水ハン栄治監督のトークを行います。【定員100名】

※情報保障・一時保育あり

10月21日(金曜)

申込み方法

□ 下記申込みページに必要事項を入力してください。

人権連続講座みなと2022 応募フォーム

□ FAXの場合

各申込期限までに、氏名、電話番号、希望する講座、メールアドレス(第1回講座についてオンライン参加の場合)、一時保育必要有無(必要な場合は保育児の氏名と月齢)、情報保障の必要有無(必要な場合は内容)を明記し、下記へ送信してください。

03-3578-2976

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025

ファックス番号:03-3578-2976