• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 区政情報 > 広聴 > 行政不服審査制度

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

行政不服審査制度

行政不服審査制度の概要

行政不服審査制度とは、行政庁の処分に関し、国民が簡易迅速かつ公正な手続の下で、行政庁に対する不服申立てをするための制度です。国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的としています。

審査請求人から提出された審査請求について、審査庁が、処分庁と審査請求人の主張を審理して、裁決を行います。

行政不服審査制度の改正

行政不服審査法が改正されて、行政不服審査制度が、公正性の向上、使いやすさの向上などの観点から、抜本的に見直されました。

平成28年4月1日以降に処分庁がした処分に対する不服申立てから、新しい行政不服審査制度が適用されます。

改正行政不服審査法リーフレット

改正行政不服審査法リーフレット(総務省)(PDF:1,108KB)

審理員制度

改正後の行政不服審査法により、審理の公正性・透明性を高めるため、処分に関与しない職員が、審理員として、不服申立ての審理手続を行うこととされました。

港区では、弁護士・税理士の資格を持つ非常勤職員の中から審理員として指名します。

港区行政不服審査会

改正後の行政不服審査法により、裁決の客観性を高めるため、有識者からなる第三者機関が、審査庁(区長)の判断をチェックする仕組みが導入されました。

港区では、第三者機関として、学識経験者、弁護士等3名の委員からなる「港区行政不服審査会」を設置しています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課文書係

電話番号:03-3578-2021

ファックス番号:03-3578-2976