• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2017年10月11日

港区の自殺対策について

港区の自殺対策の取組み~自殺のない、だれもが生きる道を選べる港区へ~

港区では、平成26年9月に「港区自殺対策推進計画」を策定し、自殺のない、だれもが生きる道を選べる港区の実現をめざし、5のビジョン(基本目標)20のミッション(目標別主要項目)、100のアクション(推進事業)を設定し、区全体で総合的に自殺対策に取り組んでいます。

港区自殺対策推進計画(PDF:6,002KB)heart1

平成28年度自殺対策推進計画進捗状況(PDF:232KB)

港区の自殺対策の主な取り組み

自殺未遂をした方への支援

港区自殺未遂者対応支援事業「港区いのちのサポート相談」

港区民で自殺未遂をした人やその家族に対して、関係機関からの連絡を基に相談員による相談、関係機関への紹介・動向等を行い、安心して港区で生活できるための支援を行います。

詳しくは、みなと保健所健康推進課地域保健係にお問い合わせください。

自死遺族の方への支援

自死遺族のつどい「わかちあいの会みなと」

大切な人を自死(自殺)で亡くした方のつどいです。こちらを参照

死亡届の際に、「ご遺族の方へ」の配布

大切な方を亡くした時に、ご遺族が様々な手続きをスムーズに行えるように窓口で配布する冊子です。

わかちあいの会をはじめ、こころの相談などができる連絡先も掲載しています。

区民の皆さんに対しての普及啓発

こころといのちを支えるキャンペーン

自殺対策を進めるうえで、区民の皆さんに港区の自殺の状況や「ゲートキーパー」としての活動についてご理解をいただくことはとても重要です。

港区では、9月を「自殺対策強化月間」、10月を「うつ支援月間」としており、この2か月を「こころといのちを支えるキャンペーン」として普及啓発活動を強化しています。こちらを参照

人材育成・職員向け研修

出前講座「あなたもゲートキーパー(命の門番)になりませんか~気づき・声かけ・つなげる大切さ~

原則10名以上で、半数以上が区内在住・在勤・在学のグリープに対して1時間程度の講座を開催いたします。

費用は無料です。詳しい申し込み方法などはみなと保健所健康推進課地域保健係にお問い合わせください。

職員向け研修

港区の職員全てを対象にゲートキーパー研修を行っています。また、「港区職員のためのゲートキーパーマニュアル『命の門番』になるために」を作成し、窓口職員を中心に配布し対応を行っています。

港区の自殺の状況についての把握

毎年厚生労働省自殺対策推進室と警察庁生活安全局生活安全企画課が出す地域における自殺の基礎資料を基に港区の状況を把握するとともに、区政モニターアンケートなどにより区民の意識調査を行い事業に反映しています。

平成28年度区政モニターアンケート調査報告書 港区の自殺対策推進事業について

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課地域保健係

電話番号:03-6400-0084(内線:3874)

ファックス番号:03-3455-4460