• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 区政情報 > 区の概要 > 港区の地名の歴史 > 元麻布(もとあざぶ)

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

元麻布(もとあざぶ)

麻布のことは永禄2年(1559) の戦国大名小田原北条氏の軍役賦課台帳(固定資産税の台帳のごときもの)である「小田原衆所領役帳」に出てきます。ただし、阿佐布と書いてあり、そののち江戸時代になっても安座部、浅府、浅生、麻生などいろいろに書かれました。麻布にほぼ決まったのは明暦元年(1655年~)ころからのようです。

当時、今の元麻布あたりで農民が副業に麻布(あさぬの)などを作っていたから、文字を変えたというのですが、確かではありません。もともとアイヌ語だという人もありましたが該当の言葉はアイヌ語にはないようです。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2111