• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 芝浦港南地区総合支所 > 親しみやすい海辺と運河をめざして

ここから本文です。

更新日:2020年7月31日

親しみやすい海辺と運河をめざして

はじめに

港区は歴史を感じさせる文化財や史跡、都心にありながら豊かな緑と運河・海辺を有するなど、豊富かつ多彩な観光資源に恵まれています。その中でも、芝浦港南地区は海辺と運河があり、水辺環境に恵まれたまちです。区内外の皆様にもっと身近に感じてもらえるよう海辺や運河に関する様々な取組を発信していきます。

海辺に関する取組

「泳げる海、お台場」とは

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、お台場がトライアスロン競技とマラソンスイミング競技の会場になります。区は大会後のレガシーとして、「泳げる海、お台場」を将来に残すことを目的に、期間限定の海水浴イベントの開催や水質改善に向けた様々な取組を進めています。

お台場プラージュ

港区は、2024年パリ大会を契機に「泳げるセーヌ」の復活をめざすパリ市と平成30年に連携協定を結び、パリの夏の風物詩である「パリ・プラージュ」にちなみ、海水浴イベント「お台場プラージュ」を開催しています。

 ◆港区とパリ市との連携協定書締結式の様子(左:エマニュエル・グレゴワール第一副市長 右:武井区長)

左:エマニュエル・グレゴワール第一副市長 右:武井区長

 

 ◆「お台場プラージュ」開催の様子

 

お台場プラージュの様子

お台場プラージュの様子

 

 

 ○2019年 「お台場プラージュ」開催の様子

 ○2018年 「お台場プラージュ」開催の様子

 

「泳げる海、お台場」プロモーション映像

お台場の海の魅力をより知っていただけるようプロモーション映像を作成しました。

 

プロモーション映像_1

プロモーション映像_2

 

 以下のリンクからご視聴していただけます。

 ○「泳げる海、お台場」プロモーション映像/"Make Tokyo ODAIBA Beach Swimmable"Promotion Video

 

 パリ市との連携

港区は水質改善に向けた取組等を通じて、フランス・パリ市との関係を深めています。
上記のお台場プラージュのほか、芝浦港南地区総合支所内でパリ市にまつわる展示会等を行っています。

 ◆お台場視察の様子(左:ロクサナ・マラシネアヌ スポーツ大臣 右:武井区長)

フランス共和国スポーツ大臣と武井区長「お台場」視察

連携協定

 ○2018年 港区とパリ市との連携協定

 ○2019年 港区とパリ市との連携協定

その他

 ○フランス共和国スポーツ大臣「お台場」視察

 ○ノートルダム大聖堂火災について

 ○パリ市専門家派遣団視察

 ○パリ市副市長 港区長表敬訪問(映像)

 ○パリ市副市長「みなとパーク芝浦」視察

 

東京2020大会のレガシーとしての「泳げる海、お台場」実現に向けた取組

 ○取組の詳細はこちら

 

 運河に関する取組

都心部に位置する港区には、観光資源である運河が流れています。そこで、東京都や地区内の大学・企業等と連携し、芝浦港南地区の地域特性である運河を守るだけでなく、より身近に感じてもらえるように魅力を発掘・発信する様々な取組を行っています。

運河に関するパンフレット

意外と知られていない運河について、パンフレットを作成しました。
以下のリンクからお読みいただけます。

 

 みんなが知らない運河の世界_1みんなが知らない運河の世界_2みんなが知らない運河の世界_3

 

 ○知れば知るほど奥が深い!?みんなが知らない運河の世界(PDF:3,143KB)

 

東京海洋大学との運河学習

 ◆地域資源である運河について東京海洋大学と考えます

港区内を流れる運河の現状認識や鉄炭団子による環境改善について地球環境を守る研究を行う講師による講演を行いました。

 

※鉄炭団子とは

鉄炭団子は鉄と炭が一緒になった団子です。鉄と炭が密着した鉄炭団子を水中に入れると、鉄イオンが溶け出して水中に増えていきます。溶け出した鉄イオンは、赤潮やアオコの原因となるリンなどと化学反応し、有害プランクトンの発生を抑制します。また、鉄イオンは水中にある化学物質と結合し、それを水中生物がミネラルとして吸収していきます。これにより光合成を行う水中生物が増加・活性化することによって、水中の二酸化炭素を吸収し酸素を発生させる働きが活発になり、水質の改善だけでなく、空気環境の向上や温暖化防止にも効果が期待できます。

発案者(知的財産権保有者):無有産(むーぶ)研究所・杉本幹生氏

運河学習

鉄炭団子

 

 

 ◆2019年、東京海洋大学が港南中学校2年生を対象として、計5回の運河学習を行いました。

 ○第一回 「現状認識・問題把握」

 ○第二回 「運河の現状を知る」

 ○第三回 「運河の環境について」

 ○第四回 「運河の環境について」

 ○第五回 「運河学習総括」 

 

 学生に向けた運河とお台場の海についての講義

 ◆運河の環境、管理や泳げる海に向けた取組等を学生に向けて講義を行いました。

 ○芝浦工業大学

 

芝浦港南地区の橋りょうライトアップ 

 ○運河に架かる橋りょうライトアップ

 

 その他の取組

水辺フェスタ

 ○第13回芝浦港南地区水辺フェスタ「地域対抗ボートレース大会」

 ○第13回芝浦港南地区水辺フェスタ「地域対抗ボートレース大会」-動画

 

 水辺のまち魅力アップ分科会

 ○べいあっぷウォーキング「レインボーブリッジから夜景を楽しむ」

 ○「KABAで行く!学べるお台場ツアー~ベイエリアの魅力を再発見~」

 

お台場海苔づくり

港区立小中一貫教育校お台場学園ではお台場の海を活用し、「海苔の育成」を行いました。

 ○第一回 「竹ひびと網設置とインタビュー」

 ○第二回 「中間刈取り」

 ○第三回 「板海苔づくり」

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課ベイエリア活性化推進担当

電話番号:03-6435-0481(内線:3907)

ファックス番号:03-5445-4590