ここから本文です。

更新日:2021年6月10日

特殊詐欺対策

港区の特殊詐欺対策NEWS

令和元年12月20日警察、区、区内事業者がONE TEAMに!演劇による事業者向け詐欺被害防止研修を開催しました!(アクサ生命保険株式会社)

特殊詐欺とは

電話や郵便、メール等、対面しない連絡手段をきっかけとする詐欺です。

具体的な事例

オレオレ詐欺

  • 息子を名乗り、「会社での失敗の補てんに必要」と嘘の理由で、お金を要求する。
  • デパートの従業員を名乗り、「あなた名義のカードを悪用している人がいるのを把握した。その対策のため、あなたのカードを預かる」と嘘をつき、訪問してキャッシュカードと暗証番号を詐取しようとする。等

還付金等詐欺

  • 区の健康保険課(実在しない)の職員を名乗り、「緑色の封筒で累積医療費の返金のための書類を送った。期限を過ぎても返送されて来ないので電話で連絡している」「今ならまだ銀行で手続できる」と嘘をつき、ATMに誘い出し操作させ、お金を振り込ませようとする。等

架空請求詐欺

  • 民事紛争相談センター名義で「民事訴訟最終通告書」というハガキを送り、「ハガキを見て連絡しないと財産を強制的に差し押さえる」との嘘で脅して連絡させ、示談にするための費用だとしてお金を要求する。等

詐欺盗

  • 被害者が気づかぬうちにキャッシュカードと暗証番号をとりお金を奪うことから、窃盗にあたります。
  1. キャッシュカードが悪用されたと警察や金融庁職員を名乗り被害者を訪ねる。
  2. 悪用を防ぐためとキャッシュカードと暗証番号のメモを封筒に入れさせる。
  3. 封印のためと被害者に印鑑を取りに行かせる。
  4. その隙にキャッシュカード等が入った封筒を持参した別の封筒にすり替える。
  5. 被害者には別の封筒を渡し、新しいカードが届くまで封筒を開けないよう言って去る。

※さらに詳しく知りたい方は警視庁ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

特殊詐欺電話のシンプルな撃退法

特殊詐欺の手口は多様で、日々新しいものも生まれ続けています。ですから全てを知り、覚えることは不可能ですし、そもそもそんなことをする必要もありません。

どんな特殊詐欺電話も、撃退する方法は非常にシンプルな、ただ一つの方法しかないからです。

この2つのステップだけを覚えてください。他には必要ありません。

お金の話は全てウソだと思う

  • お金の話になった時点で、電話でも郵便でもメールでも、誰のどんな話でも、全てウソだと思ってください。

正しい電話番号へかけなおして聞く

  • 知人なら元から自分が知っているその人の電話番号へ、行政機関等なら自分で調べた電話番号へ、「本当にそんな話があるの?」と、かけなおして、聞きましょう。
  • 行政機関等の電話番号が自分で調べられなければ、とりあえず区の生活安全推進担当か警察に電話しましょう。
港区役所生活安全推進担当
03-3578-2270
あなたの住まいの管轄警察署の電話番号

区内警察署管轄区域・連絡先一覧(PDF:50KB)

区内の振り込め詐欺発生状況

 

令和2年1~5月港区における特殊詐欺発生状況(PDF:65KB)

令和元年1~12月港区における特殊詐欺発生状況(PDF:65KB)

 

特殊詐欺に対する日ごろの備え~区の無料サービスで対策しましょう~

自動通話録音機の無料貸与

電話の呼出音が鳴る前に自動的に相手に警告し、その後の通話の内容を実際に録音する自動通話録音機は、通話の録音を振り込め詐欺の犯人が嫌うため犯行を諦めさせる効果があります。録音した内容は後で聞くこともでき、通報を行う際にも役立ちます。区では区内の高齢者(概ね65歳以上)がいる世帯等に無料で貸与します。

※ご自宅にうかがい無料で設置するサービスもあります。

自動通話録音機の無料貸与チラシ(PDF:1,527KB)

ご自宅でのご利用イメージ

ご自宅での自動通話録音機ご利用イメージ※わかりやすくするためケーブル等をたばねています。

ご注意

(1)利用料は無料ですが年間数百円程度の電気料金がかかります。

(2)ご自宅の電話の状況によって利用できない場合があります。詳しいことはご相談ください。

自動通話録音機と港区の救急通報システムの併用が可能となりました(PDF:276KB)

みんなと安全安心メール

振り込め詐欺被害防止に関する情報をお届けしています。無料で登録できます。

詳しくは「みんなと安全安心メール」ご紹介ページをご覧ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課生活安全推進担当

電話番号:03-3578-2199