ここから本文です。

更新日:2021年7月27日

地籍調査について

地籍調査とは一筆(登記されている地番)ごとの土地について、その所有者、地番及び地目の調査と境界や面積に関する測量を行い、その結果を、いわゆる公図や登記簿に反映させるもので、国土調査法に基づき実施します。

地籍調査を行うことにより、土地の実態を明確にできるため、土地境界に関するトラブルの防止、登記手続の簡素化、災害時の迅速な復旧活動等に役立ちます。

000118066[1](外部サイトへリンク)

港区の地籍調査

港区では一筆ごとの調査に先行して、道路や河川等の公共用地と皆さんの所有地との境界を調査する「街区調査」を実施しています。

この調査は、1地区を2年間かけて実施するもので、1年目は測量工程として様々な資料を基に公共用地と皆さんの所有地との境界を調査するための測量を行い、2年目は立会工程として土地所有者の皆さんに現地において境界の確認をしていただき、その成果を図面等にとりまとめる調査です。

これまでに、白金地区において、皆さんのご協力をいただき「街区調査」の調査成果がまとまりました。

令和3年度は、「街区調査」として、南青山三丁目で2年目の調査(立会工程)、南青山五丁目(1~9番)で1年目の調査(測量工程)を行います。

調査実施に伴い、皆さんのご協力をお願いします。

地籍調査成果の閲覧・複写・証明

地籍調査実施済み地区については、土木管理課の窓口にて、その成果の閲覧・複写・証明を請求することができます。

請求はどなたでもできますが、地籍調査を実施した時点で土地所有者の確認が未了の箇所については証明を発行することができませんのでご了承ください。

「南青山四丁目の一部」の調査成果(令和2年度街区調査完了)については、令和3年10月から閲覧・複写・証明請求を受け付ける予定です。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:街づくり支援部土木管理課地籍調査担当

電話番号:03-3578-2255