• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年4月28日

試験検査

衛生試験所の業務内容

食品衛生関係

「港区食品衛生監視指導計画」に基づき、区内で製造されている食品または販売されている流通食品、区内保育園や学校の給食等を食品衛生監視員が収去しています。その検体に対して、当試験所にて細菌検査及び理化学検査を実施しています。また、ノロウイルスを原因とする食中毒が発生した際、再発を防ぐため調理従事者等がノロウイルス陰性であることの確認検査なども行っています。

環境衛生関係

区民や区内事業者が港区内で採水したビルの受水槽水・船舶水・井戸水に対して、「水道法水質基準」の適否を目的として水質検査を行っています(12項目)。また、区内のプールで採水したプール水は、「港区プールの衛生管理に関する条例」の適否を目的として水質検査を行っています(5項目)。
また、区内にある公衆浴場の浴槽水、旅館業施設・社会福祉施設の浴槽水及びプール、学校プールを環境衛生監視員が採水し、各検査項目の検査を実施しています。レジオネラ症の感染被害の発生及び拡大を防止する目的で、区内の高齢者施設・公衆浴場・旅館業施設・循環式プール・公園親水池を対象にレジオネラ属菌の検査も行います。

感染症関係

1.感染症媒介蚊サーベイランス

平成26年秋に東京でデング熱の国内感染が確認されたことを受け、感染症媒介蚊であるヒトスジシマカについて、デングウイルス等の保有検査を開始しました。平成29年度からは蚊が発生する6~10月に月2回、港区内の5公園(芝公園・有栖川宮記念公園・高輪公園・檜町公園・港南緑水公園)で採取したヒトスジシマカのウイルス検査を実施しています。

2.病原体保有確認検査

感染症法で定められる三類感染症に感染が確認された患者及びその関係者に対して、感染症が蔓延しないように病原体保有確認検査を実施しています。五類感染症の感染性胃腸炎が保育園や社会福祉施設で集団発生した際、原因追究のためにノロウイルス検査等を実施しています。

3.健康診断

港区在住者・在勤者・在学者を対象に毎週1回(月曜日)、健康診断として細菌検査を実施しています。検便またはピンテープを提出してもらいます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所生活衛生課衛生試験所

電話番号:03-6400-0048