• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 放射能・放射線量関連情報 > 港区放射性物質除染実施ガイドラインについて

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2014年4月2日

港区放射性物質除染実施ガイドラインについて

港区は、平成23年11月1日、区民の安全・安心について、より確実なものとするために、『区有地・区有施設の測定場所の拡大(現在実施中)』及び『区民への放射線測定機器の貸出』にあわせ、『港区放射性物質除染実施ガイドライン』を策定しました。

このガイドラインでは、区独自の除染基準として『毎時0.23マイクロシーベルト(地表から5センチメートル)以上』と定め、測定から除染までの手順や除染方法などを定めています。

港区放射性物質除染実施ガイドライン概要

目標

区は、これまでの測定結果や平成23年10月6日文部科学省が発表した航空機モニタリングの測定結果から、政府の原子力災害対策本部が平成23年8月26日に示した「除染に関する緊急実施基本方針」の追加被ばく線量がおおむね年間1ミリシーベルト以下の地域に該当し、基本的に区単位での面的な除染は必要のない地域となります。しかしながら、局所的に年間1ミリシーベルト超える放射線量を示す箇所が存在することが予想されます。

そのため、「区有地、区有施設における追加被ばく線量が、地表から5センチメートルの高さで年間1ミリシーベルト(毎時0.23マイクロシーベルト)以下とする。」ことを目標値として定めます。

除染対象

地表から5センチメートルの高さで毎時0.23マイクロシーベルト以上の区有地・区施設

※ただし、地表から1メートルの高さの空間線量率が周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い数値が測定された場合は、区有地以外(私有地等)においても除染対象とし、国と連携して最優先で除染を行います。

策定日

平成23年11月1日

除染方法

簡易な除染(例)

  • 側溝等の泥の除去・落ち葉の回収
  • 樹木の剪定
  • 水による洗浄、ブラッシング等

簡易な除染では数値が下がらなかった場合の除染(例)

  • 表層から10センチメートルを目安として表土を除去
  • 高圧洗浄器を使用しての洗浄等

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課環境政策係

電話番号:03-3578-2487