• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 地球環境 > 省エネルギー活動普及啓発 > エコライフ・フェアMINATO

ここから本文です。

更新日:2019年7月4日

エコライフ・フェアMINATO

港区では、環境保全の意識を高め、環境に配慮したライフスタイルの実践を広く普及させることを目的として、エコライフ・フェアMINATOを開催しています。区、企業、民間団体などが自ら取り組む環境活動の公表や展示、環境負荷を減らすための生活の工夫の紹介のほか、環境にちなんだ楽しいステージイベントやエコバザー、各出展団体のテントを回るクイズラリーなどを行います。

また、エコライフ・フェアMINATOは、各出展団体の取組によってイベント全体でのCO2排出量を削減し、削減できないCO2排出量は、他の場所で実現したCO2排出量削減分をクレジット等の購入により相殺し、イベントでのCO2排出量を0(セ゛ロ)にする「カーボン・オフセット・イベント」として実施しています。環境にやさしい行動について考えていただくきっかけが盛りだくさんのイベントです。たくさんのみなさんのご来場をお待ちしています。

第39回エコライフ・フェアMINATO2019 (終了しました)

エコライフ・フェアMINATO2019 

  開催日時

  令和元年5月18日(土曜)

  午前10時から午後3時

 開催場所

  区立有栖川宮記念公園(港区南麻布5-7-29)

  chirasi

   チラシ(PDF:1,811KB)

ステージ内容

時間 内容 出演者
10時00分 開会式  
10時30分 省エネ・節電体験ステージ  
11時00分~ らんま先生のエコサイエンスショー らんま先生
12時00分~ 省エネ・節電体験ステージ  
13時00分~ お笑い芸人さんに教えてもらおう!
「SDGsってなあに?」
黒ラブ教授
田畑藤本
14時00分~ さかなクントークショー
「ギョギョッとびっくり!海の環境とお魚のおはなし」
さかなクン

出展団体及び出展内容一覧

参加団体 出展内容
東京ガス株式会社中央支店
東京ガスライフバル港
●家庭用燃料電池「エネファーム」、エコ・クッキングの紹介
●ガスメーター復帰操作体験
三菱自動車工業株式会社 ●PHEVから電気の取出しデモンストレーション
株式会社大三洋行 ●太陽電池によるデモ実演
●太陽光発電システムの仕組み(パネル展示)
●太陽光発電システム設置事例(パネル展示)
港区消費者団体連絡会

●NO2測定マップ、プラスチックの海洋汚染についてのパネル展 示 

公益財団法人東京都環境公社(東京スイソミル) ●パネルを使用したクイズラリーの実施
●水素を使った燃料電池ラジコンカーを走らせる実験コーナー
港区生物多様性みなとネットワーク ●ミツバチや外来種の生きもの展示
●植物観察会
●エコラベルの展示
東京都水道局港営業所

●水道なんでも相談

●東京水飲み比べ
●パネル展示

●グッズ配布

日比谷花壇グループ ●子どもから大人まで楽しめる、自然素材を使ったクラフト教室
みなと環境プロジェクト ●環境問題をテーマとしたパネル展示
●子供たちとともにワークショップ
港区立エコプラザ

●港区立エコプラザの紹介 
●海の水がCO2を吸収する実験
●各種活動紹介 

ボーイスカウト東京・港第12団 ●野外のエコ達人と遊ぼう!(ゲームや工作)
●ボーイスカウトのエコなキャンプ生活に関する展示
みなと環境にやさしい事業者会議 ●朝市エコバザー  
●パネル展示
日本オデッセイバイオ株式会社 ●家庭用生ごみ処理機(電動、バイオ分解消滅方式)の展示、実演
●業務用生ごみ処理機のパネル展示等
みなとリサイクル清掃事務所 ●ごみ減量の普及啓発パネル展示 
●プラスチックを利用したリサイクル工作
●使用済み小型家電の回収
港区3R推進行動会議 ●3R(リデュース・リユース・リサイクル)の普及・啓発
●食品ロス削減(フードドライブ)の実施
●資源(古着、ふとん、不用園芸土、廃食用油)の回収
港清掃工場 ●清掃工場で行っている可燃ごみの焼却・発電の紹介
●お子様にも楽しんでもらえる「クレーンゲーム」の体験
生活協同組合パルシステム東京 港あけぼの会 ●デポジット飲料販売の実践
麻布清掃協力会・赤坂青山清掃協力会 ●リサイクルバザー
港区リサイクル事業協同組合 ●パネル展示(ペットボトルキャップのユニセフ募金等)
●リサイクル製品の展示(新聞紙固縛品、アルミ地金等)
●リサイクル製品の配布(ティッシュペーパー、メモ帳等)
東京都環境衛生事業協同組合港区支部 ●啓発品の配布
●ミニカーの配布(子ども限定)
東京都立中央図書館 ●エコライフ/環境関連図書リストの紹介
●都立中央図書館・多摩図書館利用案内の配布

出展団体CO2削減取組一覧

団体名 削減取組内容
東京ガス株式会社 中央支店
東京ガスライフバル港

●事前準備には、電話やメール等を活用し車両による移動を少なくする

●荷物の運搬も極力少ない回数で済ませると共に、可能な参加者については、公共交通機関で来場する
●弊社の環境への取組みを紹介し、また、エコクッキング等環境に配慮した取組みを紹介することで、来場された皆さまに環境に優しい生活のヒントを提供する

三菱自動車工業株式会社 ●スタッフの移動、荷物の運搬にはPHEV※を利用
●パンフレット、パネル等イベント時のツール類は、他会場で利用しているものを活用
●展示コーナーでのデモは全てPHEV※から電力を供給(発電機等は不要)
PHEV:プラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ヴィークル
株式会社大三洋行 ●太陽光発電システム設置によるCO2削減(670g/日・kW)
港区消費者団体連絡会 ●パネルを作製する際はなるべく新しい材料を使わず、再利用できるものを使う
●当日の参加者は徒歩、自転車、公共交通機関を利用して会場へ行く
公益財団法人東京都環境公社(東京スイソミル) ●イベントに関する準備や移動時には、燃料電池自動車をなるべく活用する
●開催までの準備期間中、資料のプリントアウトを抑制し、Eメールへのデータ添付、社内共有サーバー内での情報共有を積極的に行う
●消費電力削減のため、こまめな消灯、終業時の空調停止を積極的に行う
港区生物多様性みなとネットワーク

●エコライフ・フェア開催に向けた打合せ等の際には、資料配付は必要最低限にとどめ、電子メール等でのデータのやり取り等により、紙の削減を図る
●イベント用の周知リーフレットにおいては、FSC認証紙を使用する

東京都水道局港営業所 ●運搬車両の台数を最小限に抑える
●会場への移動は公共交通機関や自転車を利用する
●パネルの再利用
日比谷花壇グループ
(株式会社日比谷花壇、株式会社日比谷アメニス、
株式会社グリーバル、太陽スポーツ施設株式会社)
●事前の周知ポスター等で、来場者に対し、公共交通機関(電車、路線バス)の利用を呼びかける
●開催までの準備期間中の連絡は、メールを主とし、紙の使用を減らす
●打合せが必要な場合は、公共交通機関を利用する
●出展で使用する材料についても、できる限りリサイクル素材を活用する
みなと環境プロジェクト ●ワークショップでPEFCマーク紙を利用
●展示パネルの再利用
●当日の来場者には公共交通機関の使用を呼びかける
●開催までの準備期間中の公共交通機関の利用
港区立エコプラザ ●クールビス、ウォームビスを実施して冷暖房の使用を控えて電力の消費を抑えています
●日常の業務で紙の使用の削減
●印刷物は環境に配慮した認証表示の紙と印刷を選択
ボーイスカウト東京港第12団

●事前の周知連絡等は、メールやLINEを活用する
●当日の移動は、徒歩や公共交通機関を利用する
●展示パネルは、再利用する
●ゲームは、廃材を使用する

みなと環境にやさしい事業者会議 ● 開催までの準備期間中の書類削減
● ボランティアスタッフへの公共交通機関への徹底
日本オデッセイバイオ株式会社 ●運搬車両を小型車にする
●機器、扇風機、照明を一切使用せず、自然光、自然風で運用する
港区3R推進行動会議 ●事前の周知ポスターやチラシ等で、公共交通機関の利用を呼びかける
●開催までの準備期間中の書類削減、裏面使用
みなとリサイクル清掃事務所 ●事前の周知ポスターやチラシ等で、公共交通機関の利用を呼びかける
●開催までの準備期間中の書類削減、裏面使用
港清掃工場

●展示物は工場見学等他の場面でも利用する
●無駄な用紙の使用の抑制、裏面の利用
●来場者に省エネ促進の啓発を行う
●荷物を運搬する際の自動車の運転ではアイドリングストップを心がける

生活協同組合パルシステム東京港あけぼの会 ●販売品のみ小型車でセンターより運ぶ
●パネル運搬は他団体とまとめて公共交通機関にて運ぶ
●参加者は、徒歩、自転車、公共交通機関で公園まで移動
麻布清掃協力会・赤坂青山清掃協力会 ●エコライフ・フェアMINATO2019の実行委員会及び開催時において、事務局、参加者は公共交通機関を利用する
●バザー品の売れ残りについては、次年度以降も再度利用する
●当日準備における荷物の搬出入は、ハイブリット車を利用する
港区リサイクル事業協同組合 ●運搬車輌の使用台数削減及び小型化
●展示品、パネルを他のイベントでも活用
●ごみ発生の抑制及びごみの持ち帰りの徹底
東京都環境衛生事業協同組合港区支部 ●連絡はメールで行う
●ユニフォームには、ペットボトルを再利用したものを使う
東京都立中央図書館 ●都立図書館のホームページ・SNSで、「来場する際は公共機関の利用のお願い」を呼びかける
●港区への提出書類は、メールで行い紙減量に努めた

エコライフ・フェアMINATO2019は、みどり東京・温暖化防止プロジェクトの助成を受けて実施しています。

エコライフ・フェアMINATO2019当日の様子

当日は天候に恵まれ、過去最高となる約4,400人の皆様にご来場いただきました。子どもからお年寄りまで様々な年齢の方々に、各出展団体のパネル展示や参加型ワークショップ、ステージイベントなどを通じて、環境にやさしい行動の必要性を伝えました。また、会場では緑のカーテン用苗(ゴーヤ、アサガオ、フウセンカズラ、ヘチマ)の無料配布を行いました。

会場の様子

 

開会式の様子

節電ステージの様子

会場内の様子

これまでの開催実績(10年間)

日時

場所

来場者数

参加団体数

令和元年5月18日(土曜)

区立有栖川宮記念公園

約4,400人

21

平成30年5月19日(土曜)

区立有栖川宮記念公園

約4,000人

20

平成29年5月27日(土曜)

区立有栖川宮記念公園

約2,800人

20

平成28年5月22日(日曜)

区立有栖川宮記念公園

約3,100人

22

平成27年5月23日(土曜) 区立有栖川宮記念公園

約3,500人

24

平成26年5月24日(土曜) 区立有栖川宮記念公園

約3,500人

24

平成25年5月25日(土曜) 区立有栖川宮記念公園

約3,200人

23

平成24年5月26日(土曜)

区立有栖川宮記念公園

約3,000人

24

平成23年5月21日(土曜)

区立有栖川宮記念公園

約3,000人

24

平成22年5月22日(土曜)

区立有栖川宮記念公園

約2,700人

22

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球環境係

電話番号:03-3578-2498