ここから本文です。

更新日:2021年10月15日

集団回収を始めよう

集団回収とは、10世帯以上の区民の皆さんで構成する町会・自治会・PTA・管理組合などの地域の団体が、家庭(※)から出るリサイクル可能な資源を自主的に回収し、資源回収業者に引き渡してリサイクルする方法で、ごみの減量と資源循環を図る活動です。
※令和3年4月1日に制度改正を行い、報奨金の単価を改め、資源回収業者の登録及び紹介を開始するなど、集団回収実践団体に対する新たな支援を開始しましたので、以下をご確認ください。

新たな支援内容はこちらをご覧ください。(PDF:451KB)

※平成30年7月1日に制度改正を行い、集団回収の対象に、中小企業基本法上の小規模企業者が排出する古紙が追加されました。

平成30年7月1日の制度改正について、詳しくはこちらをご覧ください。(PDF:182KB)

小規模企業者への声かけには、こちらをご活用ください(チラシ)。(PDF:678KB)

 

集団回収の始め方(各支所協働推進課協働推進係にご相談ください)

1 10世帯以上の区民の皆さんで構成します。その後、回収する品目、回収日、回収場所を決め回収業者と契約します。

2 区へ集団回収団体として登録します。

3 回収業者に引き渡した回収量を区に報告します。

4 回収量に応じて、区から報奨金が振り込まれます。(年2回)

区からの支援

1 資源の回収量に応じて、資源1キログラムにつき、以下の品目ごとに報奨金の単価を定め、集団回収実践団体に支給します。

品 目

報奨金(令和3年3月31日回収分まで)

報奨金(令和3年4月1日以降の回収分)

新聞、雑誌、段ボール、金属類、びん類、ペットボトル、その他

6円/㎏

7円/㎏

布類

6円/㎏

10円/㎏

紙パック、その他再生可能紙(※)

6円/㎏

20円/㎏

新たな報奨金単価は、令和3年4月1日以降の回収分について適用されます。それ以前の回収分は、全ての品目において一律1キログラムにつき、6円の報奨金が支給されます。

その他再生可能紙についてはこちら(PDF:1,913KB)

2 補助用具の支給(軍手・紙ひもなど)

3 空き缶プレス機の貸し出し

4 優良な資源回収業者の登録制度の実施
   法令等を遵守し、適切な資源循環を実施する資源回収業者の区への登録制度を令和3年4月1日から開始しました。

注意事項

集団回収から区の回収に切り替える場合には、必ず事前にみなとリサイクル清掃事務所にご相談ください。

年度途中での変更の場合、ご希望に添えない場合があります。

区民の皆様へのお願い

『集団回収』とは、「集団回収実践団体」(事前登録が必要です)と「資源回収業者」との協議により、あらかじめ取り決めた場所で資源物を直接引き渡すことを言います。

『区の資源回収事業』とは異なるため、《資源持ち去り禁止条例(平成21年9月1日施行)の罰則規定は適用除外》されますので、ご注意ください。

詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。

資源持ち去り行為を見かけたら情報をお寄せください!

集団回収の手引き・申請書等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ