現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 生活に困ったとき > 住居確保給付金の受給が決定された方へ

ここから本文です。

更新日:2020年12月29日

住居確保給付金の受給が決定された方へ

受給期間中の月1回の状況報告について

住居確保給付金を受給中の方は、月1回、求職活動や収入状況等について、港区生活・就労支援センターへ所定の様式によりご報告いただきます。
詳しくは、「住居確保給付金の受給が決定された方へ」をご覧ください。

「住居確保給付金の受給が決定された方へ」(PDF:329KB)

月1回の報告にあたっては、支給決定通知書の郵送時に3か月分(3枚)郵送していますが、こちらからもダウンロードできます。提出期限は、1回目は支給決定後1か月以内(土日祝の場合は直前の平日まで)、以降毎月末日までです。

様式
 
「求職活動等状況報告書」(1回目)(PDF:214KB)
 「求職活動等状況報告書」(2回目)(PDF:214KB)

 「求職活動等状況報告書」(3回目)(PDF:214KB)

受給中に常用就職した場合は届出が必要です

支給決定後、常用就職(雇用契約において、期間の定めがない又は6か月以上の雇用期間が定められているもの)した場合は、「常用就職届」を港区生活・就労支援センターに提出してください。

様式
 
「常用就職届」(PDF:93KB)

一定の要件を満たせば延長・再延長等が可能です

住居確保給付金の支給期間は原則3か月ですが、一定の要件を満たせば、3か月間を2回(令和2年度中に申請された方は3回)まで、延長することが可能です(最大12か月)。

【要件】
 ・受給期間中に求職活動(月1回「求職活動等報告書」を提出)を行っていたこと
 ・世帯の収入と預貯金が一定額以下であること

 延長を希望される場合は、支給期間の最終月の末日まで(土日祝の場合は直前の平日)までに「住居確保給付金支給申請書(期間(再)延長)を提出してください。

 ・第1-2-2号様式「住居確保給付金支給申請書(期間(再・再々)延長)」(PDF:187KB) 
 
※令和3年1月1日から、様式が変更となりました。

 申請時と比べて、世帯人数が変わった場合は、以下の様式を使用してください。
 ・第1-2号様式「住居確保給付金支給申請書(期間(再)延長)(PDF:106KB)

書類を郵送する場合は、切手不要の「受取人払」をご活用ください

支給決定通知書の郵送時に返信用(3枚)を同封していますが、不足した場合等は、以下のとおり切手不要の「受取人払」(区が郵送料を負担)をご活用ください。

受取人払い封筒の様式をダウンロードし、外枠に沿って切り、封筒に貼りつけていただければ、切手不要で郵送可能です。

 ・有効期限
 令和3年3月31日投函分まで

 ・受取人払封筒の様式
 長3封筒(定型)(横120ミリメートル×縦235ミリメートル)用【住居確保給付金関係書類送付用】(PDF:67KB)
 
角2封筒(定形外)(横240ミリメートル×縦332ミリメートル)用【住居確保給付金関係書類送付用】(PDF:64KB)

 ・注意事項
 ※こちらを印刷し、封筒に貼付してください。
 ※印刷する際は、拡大、縮小しないでください。
 ※上記は、住居確保給付金関係書類送付用です。その他の手続きには使用しないでください。
 ※切手を貼って郵送した場合、返金等の対応はしかねます。

 

お問い合わせ先

港区生活・就労支援センター(麻布地区総合支所2階)

 電話 03-5114-8826 ※月曜から金曜 午前8時30分~午後5時15分(祝日、年末年始を除く)
 住所 〒106-8515 港区六本木5丁目16番45号

 【地下鉄】
 日比谷線 大江戸線 六本木駅 3番出口 徒歩7分
 大江戸線 南北線 麻布十番駅 7番出口 徒歩10分

 【バス】
 ちぃばす 麻布東・西ルート・田町ルート「麻布地区総合支所前」下車

 


 

 

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部生活福祉調整課自立支援担当

電話番号:03-3578-2455

ファックス番号:03-3578-2439