• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の保険料

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

国民年金の保険料

事業の目的

国民年金の老齢基礎年金を受けるためには、決められた年数、保険料を納めなければなりません。

対象

国民年金第1号被保険者

事業の詳細

保険料の額(平成31年度)

月額16,410円(定額)
希望により定額分と合わせて付加保険料を納めることもできます(月額400円)。(老齢基礎年金に合わせ付加年金が支給されます。)

納付方法

銀行の「口座振替」や郵便局の「自動払込」を利用する方法(手続き先は各金融機関の窓口) 

日本年金機構から送られる納付書により銀行・郵便局・コンビニエンスストアの窓口で納める方法とクレジットカードを利用する方法(申し込みは年金事務所)

納付期限

各月の保険料の納付期限は、翌月の末日です。

保険料の前納割引

各月の保険料は、前納すると期間に応じて割引になります。

当月分の保険料を当月末日の口座引落し払い扱いですと、1か月50円の割引になります。 

保険料の免除制度

所得が少なく、保険料を納付することが困難な人には、申請により保険料が免除(全額、4分の3、半額、4分の1)される制度があります。
学生には、本人所得が一定以下の場合、申請により保険料を猶予できる制度があります。
50歳未満で、本人と配偶者の所得が一定以下の場合、申請により保険料を猶予できる制度があります。

 

平成31年4月から産前産後期間国民年金保険料免除制度がはじまりました。対象者は出産日が平成31年2月1日以降の人です。

 

税金の社会保険料控除

保険料は全額が社会保険料控除の対象になります。

保険料の時効

保険料は納付期限から2年が過ぎると時効により納めることができなくなります。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課国民年金係

電話番号:03-3578-2111(内線:内線2662~2666)

港年金事務所 国民年金課(保険料のお支払いについて)
〒105-0013
港区浜松町1丁目10番14号 住友東新橋ビル3号館
電話:(代表)03-5401-3211