• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の給付

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

国民年金の給付

事業の詳細

国民年金から受けられる給付の種類は次のとおりです。年金は受ける資格があっても、本人の請求がなければ支給されませんので、請求手続きを忘れずにしてください。

※受給資格期間の短縮について

基礎年金の種類

年金の種類 受給の要件 年金額(平成31年4月分から改定)
老齢基礎年金 次の期間(受給資格期間)を合算した年数が10年以上(平成29年8月1日より前は25年以上)ある人が原則として65歳から受けることができます。
(1)保険料の納付済期間
(2)保険料の免除期間
(3)合算対象となる期間(カラ期間)

780,100円(40年間保険料をすべて納めた場合)
年金額=780,100円×[保険料納付月数+(保険料全額免除月数×2分の1)+(保険料4分の3免除月数×8分の5)+(保険料4分の1免除月数×8分の7)]/480

なお、免除月数の計算式は平成21年4月から国の負担割合が2分の1に引き上げられた計算式です

障害基礎年金

国民年金の加入者が病気やけがで障害が残ったとき、その病気やけがの初診日の前々月までに次のいずれかの要件を満たしているときに請求することができます。
・保険料納付済期間と免除期間が加入期間の3分の2以上ある
・直近の1年間、保険料の滞納がない

また、20歳前の病気やけがで障害が残った人は、20歳になると請求することができます。

国民年金法の障害等級
1級975,125円
2級780,100円
(子があるときは加算額があります※)
遺族基礎年金 ・国民年金の加入者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある人が死亡したときで、次のいずれかの要件を満たしている場合に、その人によって生計を維持されていた子のある配偶者、子が受けることができます。
・保険料納付済期間と免除期間が、加入期間の3分の2以上ある
・直近の1年間、保険料の滞納がない
子のある配偶者が受けるとき
780,100円+子の加算額※
子が受けるとき
780,100円+2人目からの子の加算額※

※ 子の要件(障害・遺族基礎年金)

18歳に到達する年度の末日までの子または20歳未満で1級・2級の障害の状態にある子

1人目、2人目224,500円、3人目以降(1人につき)74,800円が加算されます。

 

国民年金独自給付

名称 内容
付加年金 付加保険料を納めた人が老齢基礎年金と合わせて受けられます。
寡婦年金 第1号被保険者として国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間を含む)が10年以上ある夫が年金を受けずに亡くなった時、10年以上婚姻関係のあった妻が60歳から65歳まで受けられます。
死亡一時金 保険料を3年以上納めた人が年金を受けずに亡くなった時、生計を同一にしていた遺族が受けられます。
脱退一時金

保険料を6カ月以上納めた外国人が年金を受けずに国内に住所を有しなくなったときに受けられます。

・寡婦年金と死亡一時金の両方を受けられる場合は、どちらか一方を選択することになります。

・脱退一時金は障害基礎年金等の受給権を有したことがある場合や、老齢基礎年金の受給資格期間が10年以上ある場合は受けられません。

年金を受ける権利の時効

年金は手続きをしないまま5年が過ぎると、その過ぎた分については時効により年金が受け取れなくなります。死亡一時金、脱退一時金については、2年を経過したときに時効により年金給付を受ける権利が消滅します。

年金を受けている人の手続き

金融機関を変更したいときは手続きが必要です。

 

日本年金機構ホームページ(外部サイトへリンク)

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課国民年金係

電話番号:03-3578-2111(内線:2662~2666)