ここから本文です。

更新日:2022年4月6日

保険・年金(新型コロナウイルス感染症対策)

国民健康保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響で主たる生計維持者の収入が下がった世帯に対し、保険料が減免される場合があります。詳しくは、国保年金課資格保険料係(03-3578-2574~8)にご確認ください。

※令和4年度分保険料の減免に関する手続きや対象者、減免される割合等は、今後、6月に区から郵送するお知らせや港区ホームページで詳しくご案内する予定です。

後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響で主たる生計維持者の収入が下がった世帯に対し、保険料が減免される場合があります。詳しくは次のページをご覧ください。

国民年金保険料免除等の臨時特例手続きについて

新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、国民年金の保険料納付が困難な方につきましては、失業や事業の休廃止に至らない場合でも、臨時特例による保険料免除・納付猶予、学生納付特例の申請ができます。

新型コロナウイルス感染症に関する被保険者資格証明書の取扱いについて

国民健康保険の被保険者が、新型コロナウイルス感染症に係る受診において資格証明書を提示した場合、当該月の療養については、当該資格証明書を被保険者証とみなして取り扱います。詳しくは次のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の支給(国民健康保険)

要件に該当する方に対し、傷病手当金を支給します。詳しくは次のページをご覧ください。

介護保険料の減免について

65歳以上の人(第1号被保険者)で、新型コロナウイルス感染症の影響により、介護保険料の納付が困難になった場合、保険料が減免される場合があります。詳しくは次のページをご覧ください。


よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口