• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年6月24日

新型コロナウイルス感染症の予防について

新型コロナウイルスの集団発生防止にご協力をお願いします

  • 「新しい日常」を実践してください。
  • 「密閉空間」「密集場所」「密接場面」は避けてください。
  • 海外から帰国された人で、国が指定している地域に滞在していた人は、帰国した日から14日間の外出自粛の遵守をお願いします。

暮らしや働き方の「新しい日常」

新型コロナウイルス感染症を乗り越えていくために、暮らしや働く場での感染拡大を防止する習慣=「新しい日常」を、一人一人が実践していきましょう。

暮らしや働き方の「新しい日常」

※都ホームページから抜粋

暮らしや働き方の「新しい日常」(PDF:1,262KB)

密を避けましょう!

新型コロナウイルスへの対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが重要です。

イベントや集会で3つの「密」が重ならないよう工夫しましょう。

(1)換気の悪い密閉空間

(1)換気の悪い密閉空間

(2)多数が集まる密集場所

(2)多数が集まる密集場所

(3)間近で会話や発声をする密接場面

(3)間近で会話や発声をする密接場面


(1)換気の悪い密閉空間、(2)多数が集まる密集場所、(3)間近で会話や発声をする密接場面がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高いといわれています。
※3つの条件のほか、共同で使う物品には消毒等を行ってください。

新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳(せき)エチケット」です

(1)手洗い

正しい手の洗い方

手洗いの前に

  • 爪は短く切っておきましょう
  • 時計や指輪は外しておきましょう

流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。

(1)流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。

手の甲をのばすようにこすります。

(2)手の甲をのばすようにこすります。

指先・爪の間を念入りにこすります。

(3)指先・爪の間を念入りにこすります。

(4)指の間を洗います。

親指と手のひらをねじり洗いします。

(5)親指と手のひらをねじり洗いします。

手首も忘れずに洗います。

(6)手首も忘れずに洗います。

石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。

(2)咳(せき)エチケット

咳(せき)エチケット

口や鼻をマスク等で覆わずに咳(せき)やくしゃみをしてはいけません。

咳(せき)やくしゃみが出る時に口を手でおさえてはいけません。

3つの咳(せき)エチケット

電車や職場、学校等人が集まるところでやろう

3つの咳(せき)エチケット

マスクを着用する(口・鼻を覆(おお)う)

(マスクがないとき)ティッシュ・ハンカチで口・鼻を覆(おお)う

(とっさの時)袖で口・鼻を覆(おお)う

出典:首相官邸ホームページより

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課危機管理担当

電話番号:03-3578-2515

ファックス番号:03-3578-2539

みなとコール(受付時間:午前8時から午後8時(年中無休))
電話:03-5472-3710