現在のページ:トップページ > 区政情報 > 区の概要 > 港区の地名の歴史 > 麻布十番(あざぶじゅうばん)

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

麻布十番(あざぶじゅうばん)

この町名の由来はいくつか説があります。江戸時代に古川の改修工事のため「第10番目の工夫を出した地域」とか、「10番目の土置き場だったから」、「10番目の工区だったから」などの説が有力です。特に最後の説は、土置き場を示す杭が後に残っていたという記録があったことからも、信憑性が高いと思われていますが、はっきりしていません。

昭和37年(1962)の「住居表示に関する法律」により、麻布網代町の全域と、麻布坂下町、麻布新網町、麻布南日ヶ窪町、麻布宮村町、麻布一本松町、麻布山元町などを合わせて「麻布十番」としました。その後、若干の町域変更を経て現在に至ります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2111