• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年3月2日

みなとアーカイブ 浮世絵でみる今昔02 飯倉交差点

東京名所四十八景(四十二)飯倉四ッ辻 昇斎一景(港郷土資料館蔵)
七夕飾りが風になびき、道路の両側に店が軒を連ねている。
画面左の遠景には江戸湾、その手前には町屋の屋根がひしめいている。

東京タワーをのぞみながら、外務省飯倉会館、日本郵政グループ飯倉ビルを左手に外苑東通りを進んだ先が飯倉交差点。虎ノ門から品川方面に走る桜田通り(国道1号)と交差しています。

江戸時代にここは、西久保四ツ辻または土器(かわらけ)町四ツ辻、飯倉四ツ辻と呼ばれ、浮世絵にあるように、にぎやかなところでした。土器町の由来は、江戸時代明和・安永(1764~1781)のころまで陶器職人が住んだためといわれています。明治44年にはこの辺りに路面電車が走り、日用生活品を商うお店が並びました。

現在の町名は麻布台。町名変更以前は麻布飯倉と呼ばれ、古くは広い地域を飯倉と呼んでいたそうです。地名の由来は、この地に米を備蓄する倉があったことからという説があります。

  • この情報は、平成21年(2009年)6月1日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034