• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年3月2日

みなとアーカイブ 浮世絵でみる今昔10 古川

歌川広重 初代「名所江戸百景広尾ふる川」 安政3(1856)年(港郷土資料館蔵)

画中の橋は四之橋で江戸時代は「相模殿橋」(さがみどのばし)とも呼ばれ、川の左側には「広尾の原」が広がっていました。現在ならば明治通りの方向(渋谷方面)をのぞむ構図です。

南麻布と白金の境を明治通りに沿って流れている古川は、新宿御苑や明治神宮の池と玉川上水の水を源流に、JR浜松町駅付近で東京湾に注いでいます。上流の渋谷区では渋谷川と呼ばれ、渋谷駅付近の暗きょから姿を現します。今では上空に首都高速が走る都市河川のたたずまいを見せていますが、江戸時代は舟運が盛んで、元禄年間に掘り割りとなったため、新堀川とも呼ばれました。上流部では水車が見られ、その様子は葛飾北斎「穏田の水車」(おんでんのすいしゃ)に描かれています。また、支流の河骨川(こうほねがわ)は、唱歌「春の小川」のモデルになっています。

浮世絵に描かれた四之橋あたりは、船荷が積み降ろしされていた場所で、画中左に見えるお店は有名なうなぎ屋だったそうです。

  • この情報は、平成22年(2010年)4月21日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034