現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 消費生活 > 消費生活相談

ここから本文です。

更新日:2021年11月15日

消費生活相談

商品の購入や、サービスを利用した際の販売方法・契約・品質・価格などの消費生活のトラブルに関する相談を受け付けています。問題解決に向けての助言、あっせん、情報提供等を行っています。必要に応じて専門の相談機関の紹介を行う場合もあります。

対象

港区内在住・在勤・在学の方
相談案件の相手方事業者の所在地が「港区」であっても、相談者の方が対象(港区内在住・在勤・在学の方)でない場合は相談をお受けできません。お住まいの地域の消費生活相談窓口にご相談ください。

相談受付

・月曜日~土曜日午前9時30分~午後4時(祝日、年末年始を除く)
・電話または来所で受け付けています。(ただし、土曜日は電話相談のみ)
*郵便、ファックス、メールでの相談は受け付けていません。

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止と区民の皆様の安全確保等の観点から、まずは電話で問い合わせいただきますようお願いいたします。

 

<来所相談にあたっての注意事項>

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、以下の事項にご協力ください。

 ご協力をいただけない場合には、来所相談はご利用できません。ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いします。

 ・マスクの着用と手指消毒をお願いします。

 ・来所の際には、非接触型体温計による検温をさせていただきます。

 (体温が37.5度以上の場合、来所によるご相談はできません。)

 ・氏名・連絡先・健康状態等を入退室カードにご記入いただきます。

 なお、後日、相談員等が新型コロナ感染症の陽性となった場合には、ご連絡をする場合があります。

 ・相談時間は、原則として1回あたり1時間以内とさせていただきます。

 (ただし、相談内容によっては1時間を超える場合もあります。)

 ・感染リスクの可能性のある行為(大声を上げる等)をし、相談員等がやめるよう注意をしても

 従っていただけない場合、相談は即刻中止させていただきます。

 

※当日、次のような体調の悪い状態である場合には、来所相談をお控えください。

 1.体温が37.5度以上、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛等の症状のいずれかがある場合。

 2.過去2週間以内に、感染が引き続き拡大している国・地域への訪問をしたことがある場合。

 

 

相談専用電話

03-3456-6827

相談にあたって

1.相談は原則として、ご本人からお願いします。

2.来所相談を希望される場合でも、あらかじめ電話でご相談ください。

3.相談は無料ですが、相談に係る通話料はご負担下さい。(こちらからかけ直しての相談は行っておりません。また、「10分以内の無料通話プラン」など、電話会社のプランに合わせた、時間ごとに分断された形での相談には応じられませんので、ご理解をお願いします。)

4.受付時に、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、職業などをお聞きします。(相談に関しては一見そのトラブルとは関係ないと思われる事項も含め、詳しく伺う場合がございます。)

5.電話相談の前に、契約関係の書類などをできるだけそろえ、お手元においてご相談ください。
(案件によっては一日でも早い対応が有効な場合もあります。ご心配な場合は、まずはお電話をください。)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部産業振興課消費者センター

電話番号:03-3456-4159

ファックス番号:03-3453-0458