• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > みなと森と水会議

ここから本文です。

更新日:2016年11月7日

みなと森と水会議

概要

みなと区民の森づくり事業、みなとモデル二酸化炭素固定認証制度など、地球温暖化対策としての日本の森林整備及び国産木材活用の促進に向けた区の取組を踏まえ、都市生活者である区民が、森の役割や森がもたらす豊かな恵みについて学ぶことを目的とし、親子向けワークショップ並びに全国各地の国産木材に関する協定自治体の特産品等の展示会及び首長による会議(森と水サミット)等を開催しています。

第10回みなと森と水会議

みなと森と水会議では、木に触れて楽しむワークショップや、港区と森林の伐採後の再植林を保証する「間伐材を始めとする国産材の活用促進に関する協定」を締結している自治体の魅力をPRする展示会のほか、今年度は講演会等を開催し、区民等が、都会において、森と水の恵みを感じられるよう、「見る」、「聴く」、「触れる」プログラムを開催しました。

詳細は、こちら(PDF:2,082KB)

開催期間

平成28年10月26日(水曜)から11月5日(土曜)まで

プログラム

1.協定自治体PR展示ちいき百貨展

2.つみきワークショップ

3.みなと森と水サミット2016年度

4.区政70周年記念みなと森と水特別講演会

5.木工ワークショップ

みなと森と水サミット

みなと森と水サミットとは、港区と協定自治体の首長が一堂に会し、国産木材活用促進及び協定自治体がともに成長・発展し共存共栄を図るため、情報共有と意見交換を行うための会議です。平成28年11月現在、協定自治体数は78となりました。

みなと森と水サミット2016年度

平成28年11月2日(水曜)、みなとパーク芝浦リーブラホールにて、「みなと森と水サミット2016年度)」を開催しました。
今年度は、武井雅昭港区長や今井敏林野庁長官、太田昇真庭市長による講演のほか、「間伐材を始めとした国産材の活用促進に関する協定(※1)」を締結する41自治体(代理出席を含む。港区を含む。)が出席し、国産木材の活用と自治体間の連携・交流の促進について熱い議論を交わし、「みなと森と水サミット2016年度宣言」が採択されました。

港区と森林を始めとする豊富な資源を有する自治体同士がこれまで以上に力を合わせることにより、新たな木材需要の創出を推進するとともに、個々の自治体の課題を解決し、互いが持つ多様なネットワークを活用して交流の輪を広げ、木材活用のみならず、新たな政策や分野に発展することを目指し、共に成長・発展に向け取り組んでいきます。

 

 

※1「間伐材を始めとした国産材の活用促進に関する協定」

港区は平成23年10月、区内で建てられる建築物に国産木材の使用を促す「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」を全国初の取組として開始しました。

この制度を推進するために、港区は、本制度に賛同していただいた全国の自治体と協定を締結し、各協定自治体で産出される木材(=協定木材)の使用を推奨しています。

この制度を実施することで、港区内での木材利用によるCO2固定量が増加するとともに、協定自治体での適切な森林整備の促進によるCO2吸収量が増加し、地球温暖化防止に貢献することができます。

区政70周年記念みなと森と水特別講演会

区政70周年を記念して、「森」と「水」を通じて都市と地方が実現する共存共栄を目指し、講演会を実施しました。

詳細は、こちら(PDF:2,615KB)

日時

平成28年11月2日(水曜)午後7時から午後8時30分まで(受付は、午後6時30分から)

会場

みなとパーク芝浦リーブラホール(東京都港区芝浦1-16-1)

講師

株式会社NHKエンタープライズエグゼクティブ・プロデューサー

井上恭介さん(「里山資本主義」、「里海資本論」共著)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球温暖化対策担当

電話番号:03-3578-2474(内線:2474)

ファックス番号:03-3578-2489