• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2017年12月19日

性的マイノリティ

性自認

性自認とは、自分の性をどのように認識しているのかを示す概念であり、「こころの性」とも呼ばれるものです。多くの人は、性自認(こころの性)と生物学的な性(からだの性)が一致していますが、一致しない人も少なからず存在します。こころの性とからだの性が一致しないことで、自分に対して違和感を感じたり、周囲から偏見の目を向けられたりなど、苦しんでいる人たちがいます。性自認に対して理解を深め、差別や偏見をなくしていきましょう。

性的指向

人間の性愛については、異性を愛する人が多数ですが、同性愛・両性愛・無性愛の人もいます。人が誰を愛するのか、決まった答えはありません。世界には、同性同士の結婚を合法としている国もあります。人間の性のあり方について、理解を深めることも必要ではないでしょうか。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025

ファックス番号:03-3578-2976