• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 助成制度・計画・調査・統計・報告 > 計画・ガイドライン > 国際規格ISO14001の自己適合宣言文

ここから本文です。

更新日:2014年4月2日

国際規格ISO14001の自己適合宣言文

港区は、区の環境配慮行動を着実に実行する仕組みを確立し、日常の環境保全に関する職員の意識向上を図るため、平成13年6月に本庁舎や各支所、保健所、福祉会館等を適用範囲として、環境マネジメントシステム(以下、「EMS」という)の国際規格ISO14001の認証を取得し、省エネ・省資源活動などの取り組みを推進してきました。この9年間に適用範囲を拡大するとともに、庁内では環境負荷の継続的改善、いわゆるPDCAサイクルに基づく取り組みも定着しました。

この間、環境特性は大きく変化し、今日、地球温暖化が最も身近で深刻な環境問題となってきました。港区では、平成21年3月策定した港区環境基本計画において、港区の二酸化炭素排出量を2020年度で、1990年度比25%削減という高い目標を掲げました。この目標達成に向け、区民や事業者による低炭素化の取組みを支援・誘導するとともに、区自らも、温暖化対策の先駆的な取組みを全庁挙げて積極的に推進します。

このため、区の事務事業におけるエネルギー使用量と温室効果ガス排出量の抑制をさらに進める観点から、これまでのEMSの適用範囲を全ての区有施設、部署へ拡大し、区の施策に対応した区独自の取り組みを強化できるEMSへとレベルアップするとともに、港区のEMSがISO14001の規格に適合していることを自らの責任で決定し、宣言します。

今後も、港区環境方針を順守し、港区の目指す「居住環境都市みなと」の実現に向けて、職員が一丸となって取り組みます。

 

平成22年4月1日
港区長

区長サイン

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球温暖化対策担当

電話番号:03-3578-2474