• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 区政情報 > 区の概要 > 港区の地名の歴史 > 東新橋(ひがししんばし)

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

東新橋(ひがししんばし)

江戸時代のこの地には、会津藩「保科松平家」、仙台藩「伊達家」、龍野藩「脇坂家」の武家屋敷と、芝口、源助町、露月町などがありました。いく多の変遷を経て、昭和7年(1932)には、芝口、源助町、霜月町、柴井町などが合併して新橋に、そして汐留町は汐留となりました。

現在の「東新橋」になったのは昭和40年(1965)で、昔と同様に東海道以東を町域としています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2111