ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

飲料水等の確保

災害時における飲料水の確保は、生命維持に必要な最低必要量として、一人一日3リットルの給水を基準としています。
迅速な応急給水が行なえるよう、以下のように飲料水等を確保します。

  • 給水所、応急給水槽からの給水
  • 小中学校等の区有施設の受水槽からの給水
  • 受水槽を有する民間ビル所有者との震災時における飲料水使用協定
  • 小中学校のプールの水をろ水機によりろ過した補助給水

給水所・応急給水槽一覧

 

容量

芝給水所

26,600トン

都立青山公園

1,500トン

シティハイツ桂坂

100トン

区立港南公園

100トン

民間ビルとの飲料水使用協定

区では受水槽を有するビルの所有者と震災時における飲料水使用協定を締結し、飲料水の提供が受けることができるようにしています。
飲料水提供事業所数 210箇所
受水槽の基数 283基
総容量 12,604トン(平成19年4月1日)

ろ水機の設置

ろ水機

ろ水機を区立小中学校に配備し、プール等の水を飲料水として、利用できるようにしています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課防災係

電話番号:03-3578-2111(内線:2541~5)