ここから本文です。

更新日:2021年10月15日

アルコール関連

   依存症とは  飲酒習慣スクリーニングテスト  

   ポスター  家族講座          

   相談窓口       チェック   

依存症とは?

  特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。

人が「依存」する対象は様々ですが、代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル等があります。
このような特定の物質や行為・過程に対して、やめたくてもやめられない、ほどほどにできない状態をいわゆる依存症といいます。

 依存症に関する詳しい内容は、厚生労働省のこちら(外部サイトへリンク)のホームページをご覧ください。

 アルコール依存症とは?

 大量のお酒を長期にわたって飲み続けることで、お酒がないといられなくなる状態をいいます。具体的には、飲酒のコントロールができない、離脱症状がみられる、健康問題等の原因が飲酒とわかっていながら断酒ができない、などの症状が認められます。  

 アルコール依存症の詳しいことはこちら(外部サイトへリンク)の厚生労働省e-ヘルスネットのホームページをご覧ください。

参考:厚生労働省

飲酒習慣スクリーニングテスト<AUDIT>

AUDITは、WHO(世界保健機関)が問題飲酒を早期に発見する目的で作成したもので、世界中で使われています。 飲酒の習慣がある場合、飲酒問題の重症度を判定します。

 【飲酒習慣スクリーニングテスト(AUDIT)】
 
(PDF:386KB) → 飲酒習慣が適切かどうか、チェックしてみましょう!

アルコール問題チェックリスト ( こころの体温計メニュー)

 ■こころの体温計のメニューにアルコールチェックができるメニューがあります。

アルコールチェック(外部サイトへリンク)      
    ◆自らの飲酒を振り返る 「本人モード
         ◆身近な家族を思いやって「家族モード
 矢印 試してみよう  

 

アルコール依存症予防啓発ポスター

 港区は大塚製薬株式会社と地域社会の発展に関する連携協力協定書を締結し、
アルコール依存症予防の啓発ポスターを作成しました。

 アルコールポスター  減酒.jp     

 <アルコール依存症予防の啓発ポスター> <減酒.jpのホームページ(大塚製薬株式会社)>
                      飲酒によるリスクやアルコール依存症に関する
                      情報を提供するサイトです。ぜひご覧ください。
                      減酒.jpサイトはこちら(外部サイトへリンク)

アルコール関連の相談窓口一覧

 相談機関、断酒会や自助グループの連絡先は下記をご覧ください。
 各医療機関、断酒会や自助グループには、必ず時間等の詳細をご確認ください。

  ・医療機関一覧(PDF:260KB)

  ・相談機関/断酒会・自助グループ(PDF:347KB)

 みなと保健所のこころの健康相談(精神保健福祉相談)

 精神科医師が、こころの病気や依存症(アルコール、キャンブル、ネット、薬物等)、認知症の早期発見・早期治療・対応の仕方等について、月4回相談に応じます。
 日程はこちらをご確認ください。

 東京都立中部総合精神保健福祉センター

 アルコール・薬物・キャンブルに関する相談、思春期・青年期の精神保健福祉上の問題に関する相談、こころの相談
 こころの電話相談 03-3302-7711 月~金曜日 9時~17時(祝日・年末年始を除く)
 東京都立中部総合精神保健福祉センター(外部サイトへリンク)

港区アルコール依存症家族講座

 年1回2日コースで、アルコール依存症や飲酒問題を抱えるご家族や関係者を対象に、アルコール依存症の理解を深め、適切な対応方法について学び、飲酒による深刻な問題を防ぐことを目的とした講座を開催しています。

※必ずマスクを着用してご参加ください。また、会場では感染予防対策にご協力をお願いします。感染状況によっては中止する場合があります。中止の場合は予約者に個別にご連絡いたします。

令和3年度 『正しく知りたい アルコールのこと』

 コロナ禍で家族の飲酒量が増えていませんか?
 アルコール依存症という病気について基本的な知識を学び、飲酒による深刻な問題を防ぐために周囲は「何をどうしたらよいか」対応方法を学びます。

 詳細はチラシをご覧ください。  アルコール家族講座チラシ(PDF:1,584KB)

日程及び内容  計2回講座 単発の参加可

 

日程

内容

講師

1回目 11月4日(木曜日)

アルコール依存症とは?

~問題になる飲酒と嗜好の境界線~

・症状と特徴は?適切な飲酒量について

・診断について

・どんな治療を行うの?治るの?

・家族への影響について

独立行政法人 国立病院機構

久里浜医療センター 瀧村 剛 氏(医師)

2回目 11月8日(月曜日)

家族の対応の仕方

・治療につなげるためにはどうしたらいいの?

・どう向き合い、対応することが望ましい?

・港断酒会会長からのメッセージ

・座談会(フリートーク)では参加者の質問にお答えします。

 

【講座終了後】

医師の個別相談会(予約制、先着2組)

▪独立行政法人 国立病院機構

久里浜医療センター 瀧村 剛 氏(医師)

▪公益社団法人 全日本断酒連名

 NPO法人 東京断酒新生会

 港断酒会 当事者の体験談

時間

各回午後3時30分から5時まで

 

11月8日(月)の医師による個別相談会(予約制)1組20分
 1組目:午後5時10分から5時30分
 2組目:午後5時30分から5時50分まで
 受講者で希望する方は申込時にお申し出ください。

場所

みなと保健所 5階 会議室 (港区三田1-4-10)

対象者

区内在住・在勤・在学者で、飲酒習慣に問題のある人の家族や職場等の関係者の方

定員

各回25名

保育について

4か月以上の未就学児の保育があります。(各回3名まで、先着順)
定員に達した時点で保育の受付は終了しますので、ご了承ください。
※ 各開催日の2日前までに申し込みください。
※ 保育をお申込みの方は、飲み物・着替え・オムツなど、保育に必要なものとバスタオル2枚を各自で名前を記入の上、お持ちください。

申込み

みなとコール 電話 03-5472-3710 (午前9時~午後5時)
受付期間:令和3年10月11日(月)午後2時~各開催日前日まで

※ 個別相談会を希望される方は、お申し出ください。
※ 保育を希望される方は、「保育希望」とお伝えください。

その他

・開催中は随時換気を行うため、寒い場合は上着で体温調整をお願いします。


よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課地域保健係

電話番号:03-6400-0084

ファックス番号:03-3455-4460