現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 環境保全活動 > 環境について学ぼう > みなと区民の森づくり

ここから本文です。

更新日:2022年3月15日

みなと区民の森づくり

平成19年度より、地球温暖化対策の一環として港区とあきる野市の交流事業『みなと区民の森づくり』がスタートしました。港区があきる野市から約22ヘクタールの市有林を借り受け、長く手つかずだった森を整備し、二酸化炭素(CO2)の吸収林としてよみがえらせています。

また、みなと区民の森は、区民の皆さんの自然観察・環境学習の拠点としても利用されています。

みなと区民の森のパンフレット(PDF:1,989KB)

森の情報

動画で学ぼう

みなと区民の森づくりについて、歴史等をまとめた動画を公開しました。

森の位置

東京都あきる野市戸倉字刈寄谷(とくらあざかりよせだに)

あきる野市との土地使用貸借契約

契約期間 借り受け面積
平成19年5月1日~平成29年3月31日 約20ヘクタール
平成29年4月1日~令和9年3月31日 約22ヘクタール(2ヘクタールの追加)

森の維持管理

樹木の生長に伴って森林が込み合ってくると、森の中に十分な光が入らず、樹木同士がお互いの成長を妨げてしまいます。一定の樹木を伐採・間伐することによって、樹木が元気に育つほか、下層の植生が豊かになり、土壌の流出防止や生物の多様性につながります。また、樹木や下層の植物が元気に育つ過程で、二酸化炭素の吸収・固定も促進されます。

間伐前のみなと区民の森間伐前のみなと区民の森

間伐後のみなと区民の森間伐後のみなと区民の森

 

間伐作業の様子間伐作業の様子

間伐材の活用

整備の段階で発生した間伐材は、幼稚園や小中学校、エコプラザなどの区有施設の内装材や家具のほか、保育園の遊具や公園の維持管理材料など、区の様々な事業で活用しています。

間伐材で作られた椅子

間伐材の椅子

間伐材を使用したエコプラザの内装

間伐材を使用したエコプラザの内装

みなと区民の森に関する調査

みなと区民の森生物予備調査

  • あきる野市刈寄谷地区市有林自然環境予備調査(1~2)(PDF:1,656KB)
  • あきる野市刈寄谷地区市有林自然環境予備調査(3-1)(PDF:1,688KB)
  • あきる野市刈寄谷地区市有林自然環境予備調査(3-2)(PDF:3,529KB)

    みなと区民の森自然環境調査

    みなと区民の森自然環境調査報告書(PDF:3,359KB)

    環境学習

    みなと区民の森では、森の動植物の観察や自然とのふれあいを通じて、自然の大切さを学ぶことができます。

    環境課では年間を通じて、その時々の気候や森の状況に応じた様々な環境学習を計画し、一般公募により参加者を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

    環境学習施設

    みなと区民の森内にある環境学習施設は、植樹や間伐、生物多様性についてなど、様々な環境学習のために利用しています。

    施設の電力をまかなう太陽光発電システムや、微生物の働きでし尿を分解・処理するバイオマストイレを設置するなど、環境に配慮した設備となっています。

    みなと区民の森環境学習施設環境学習施設

  • よくある質問

    「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

    よくある質問入り口

    Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球環境係

    電話番号:03-3578-2495

    ファックス番号:03-3578-2489