• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 平和・人権 > 人権の取り組み > すべての人が尊重される社会をめざして > 障害のある人の人権 ノーマライゼーションとバリアフリー

ここから本文です。

更新日:2016年3月31日

障害のある人の人権 ノーマライゼーションとバリアフリー

障害のある人も、ない人も、互いに支え合い、地域で生き生きと明るく豊かに暮らしていける社会を目指すという考え方があります。
この実現には、様々な障壁(バリア)を取り除かなくてはなりません。日常生活や社会生活上における様々なバリアを取り除こうという考え方がバリアフリーです。

ユニバーサルデザイン

皆さんは、シャンプー容器のギザギザや洗濯機の斜めドラムをご存知ですか?
これらは、「障害の有無、年齢、性別、国籍、人種等にかかわらず多様な人々が気持ちよく使えるようにあらかじめ都市や生活環境を計画する」ユニバーサルデザインという考えに基づいて作られた商品の代表例です。
ユニバーサルデザインは、バリアフリーと発想の起点が異なりますが、『障害の有無、・・・多様な人々が気持ちよく・・・』との考えは、まさにノーマライゼーションに基づくものです。
ユニバーサルデザインの考えをより多く生活に取り入れていくことが、日常生活や社会生活から様々なバリアを取り除くことに繋がっていくのではないでしょうか。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025

保健福祉支援部障害者福祉課
電話番号:03-3578-2386