現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 介護・派遣など > 手話通訳者養成事業

ここから本文です。

更新日:2021年12月17日

手話通訳者養成事業

内容

手話の技術の指導を通して、聴覚障害者および音声・言語機能障害者への理解の促進とコミュニケーションの向上を図るとともに、手話通訳者として活躍できる人材を育成します。

  1. 入門クラス 回数:年間20回 定員35人
  2. 初級クラス 回数:年間35回 定員35人
  3. 中級クラス 回数:年間35回 定員35人
  4. 上級クラス 回数:年間35回 定員20人
  5. 養成クラス 回数:年間35回 定員20人
  6. 受験クラス 回数:年間15回 定員20人

※受験クラスのみ定員20人が2クラス

対象

港区在住・在勤・在学の15歳以上(中学生不可)の健聴者で聴覚障害者または音声・言語機能障害者の福祉の向上に熱意を有し、期間中に継続的に受講できる見込みがある人

利用方法

港区社会福祉協議会に直接申し込んでください(令和3年度は受付終了しています。)。

費用

無料(保険料のみ自己負担)

窓口・お問い合わせ

港区社会福祉協議会 生活支援係
〒106-0032 港区六本木5丁目16番45号 麻布地区総合支所2階
電話:03-6230-0282
ファックス:03-6230-0285

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口