現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 子ども・家庭 > 手当て・助成 > 港区ベビーシッター利用支援(一時預かり利用支援)事業のご案内

ここから本文です。

更新日:2023年12月26日

港区ベビーシッター利用支援(一時預かり利用支援)事業のご案内

日常生活上の突発的な事情等により一時的にベビーシッターによる保育を必要とする保護者が、ベビーシッターを利用する場合の利用料の一部を補助します。

令和5年度利用分の最終提出期限について

令和5年度(令和5年4月1日~令和6年3月31日)利用分については、令和6年4月15日(月・必着)が最終提出期限になります

4月は、申請が大変混み合うことが予想されます。申請に不備がある場合、補助が受けられなくなることもあるので、余裕をもってご申請いただくようお願いします。

期限を過ぎた場合は、いかなる理由があっても受け付けることができません。

◇最終提出期限までにすべての申請書類が用意できる場合

  • 期限までに郵送により申請してください。(郵便事情により、投函してから到着するまで時間がかかることがありますので、余裕をもって申請してください。)

◇領収書や利用明細書などの発行が最終提出期限までに間に合わない場合

  • 補助金申請書兼請求書兼支払金口座振替依頼書、利用内訳表、用意可能な添付書類を合せて最終提出期限までに郵送により申請してください。
  • 申請の際、メモ等にて「不足書類の提出予定日」を記載してください。
  • 不足書類が用意出来次第、速やかに郵送してください。

◇不足書類の最終提出期限は、令和6年5月10日(金・必着)です。

  • 事業者の都合により、上記期限に間に合わないことが想定される場合は、お早めにコールセンターまでご相談ください。

事業概要

対象者

ベビーシッターを利用した日に、児童とともに区内に居住し、日常生活上の突発的な事情や社会参加などにより、一時的にベビーシッターによる保育を必要とし、又はベビーシッターを活用した共同保育を必要とする方

対象

児童

満12歳になる年度の末日までの児童

対象

期間

平成29年(2017年)4月2日以降が誕生日の児童:令和5年4月1日~令和6年3月31日
平成23年(2011年)4月2日~平成29年(2017年)4月1日が誕生日の児童:令和5年11月1日~令和6年3月31日

利用上限時間

児童一人当たり年144時間

(平成29年(2017年)4月2日以降が誕生日の児童で多胎児の場合は、児童一人当たり年288時間)

補助

金額

児童一人1時間当たり

午前7時~午後10時  2,500円

午後10時~翌午前7時 3,500円

対象

利用料

ベビーシッター事業者から請求される料金のうち、純然たる保育サービスの提供対価(税込)のみが補助対象

※入会金、会費、交通費、キャンセル料、保険料、おむつ代等の実費、クーポン・ポイント利用(現金で購入されたポイント等によりお支払いされた料金)、その他保育サービスの提供に付随する料金は対象外

※兄弟姉妹で利用する場合、未就学児と同数のベビーシッターを派遣してもらう必要があります(保護者とベビーシッターが共同して保育する共同保育を除く。)。

対象

事業者

東京都の定めるベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)補助要綱に規定する認定事業者

(東京都ホームページ参照:ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援) 認定事業者一覧(外部サイトへリンク)

利用の流れ

東京都の認定する事業者と契約 (利用者⇔事業者)

東京都の認定事業者一覧から事業者を選び、直接利用契約を行います。「東京都のベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)を活用したい」旨を必ずお伝えください。

ベビーシッター利用 (利用者⇔事業者)

ベビーシッターを利用し、利用料金を直接事業者へ支払い、【提出書類】③~⑤の交付を受けます。

補助金の交付申請 (利用者⇒株式会社パソナライフケア(港区委託事業者))

【提出書類】を揃えて、補助金を申請します。

補助金の交付 (区⇒利用者)

補助金を交付し、指定の口座に振り込みます。

申請方法

次の書類を、株式会社パソナライフケア(港区委託事業者)へ郵送でご提出ください。

提出された書類はご返却できませんので予めご了承ください。

(書類提出先)
 〒107-0062 港区南青山3-1-30
 株式会社パソナライフケア・港区ベビーシッター担当宛

 

提出書類

区様式

①補助金申請書兼請求書兼支払金口座振替依頼書

 様式(PDF:203KB)

 記載例(PDF:302KB)

②利用内訳表

 様式(PDF:111KB)

 記載例(PDF:157KB)

事業者

発行

③補助対象経費に係る領収書

④利用明細書(ベビーシッターを利用した児童、利用日、利用時間、料金の内訳及び利用したベビーシッター名が分かるもの)

⑤ベビーシッター要件証明書

その他

⑥【該当者のみ】クーポン利用や勤務先の福利厚生等で減額されたことがわかる書類の写し(減額されたことが利用明細書で確認できない場合に提出が必要です。)

※①補助金申請書兼請求書兼支払金口座振替依頼書の申請者の氏名・振込口座名義は、ベビーシッターの利用者・領収書の氏名と同一としてください。

※③~⑤は、ベビーシッター事業者が発行します(⑤は写しでも可)。

郵送申請する際の郵送料について

郵送申請をご利用しやすくするため、区が郵送料を負担します。
受取人払封筒の様式をダウンロードし、外枠に沿って切り、封筒に貼り付けていただければ、切手不要で郵送可能です。

有効期限

令和6年3月31日投函分まで

受取人払封筒の様式

   ※こちらを印刷し、封筒に貼付してください。

   ※印刷する際は、拡大、縮小をしないでください。

   ※郵送でできる手続きをする際にこちらの様式をご利用ください。

注意事項
  • 切手を貼って郵送申請した場合、返金等の対応はいたしかねます。
  • 受取人払いの様式を利用すると郵便局の処理の都合上、到着するまで、通常の郵送よりも長い日数を要します。
  • 港区ベビーシッター利用支援(一時預かり利用支援)事業の郵送申請以外では利用できません。

 

交付スケジュール

  • 提出書類は、原則としてベビーシッターを利用した月の翌月10日または25日まで(10日、25日が土日・祝日にあたる場合は、前営業日まで)にご提出ください。
  • 当該年度(令和5年度:令和5年4月1日~令和6年3月31日)利用分は、複数月をまとめて申請することも可能です。
  • ただし、令和5年度利用分については、令和6年4月15日(月・必着)が最終提出期限になります。
  • 補助金の振込時期は、それぞれの受付締切日から概ね1か月半後になります(年末年始、大型連休及び年度末を除く)。
  • 書類不備等の場合は、それ以上の期間を要することがあります。

 

その他の留意事項

 

お問い合わせ(コールセンター)

港区ベビーシッター利用支援(一時預かり利用支援)事業について、制度のことや申請に関するお問い合わせは、次のコールセンターにお問い合わせください。

港区ベビーシッター利用支援(一時預かり利用支援)

事業コールセンター

 株式会社パソナライフケア(港区委託事業者)

 電話:0120-212-115
    受付時間:平日9時~17時(12月29日~1月3日を除く)

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部子ども家庭支援センター子ども家庭サービス係

電話番号:03-5962-7201

ファックス番号:03-5962-7205