現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 妊娠・出産 > 出産 > 産前産後家事・育児支援サービス

ここから本文です。

更新日:2021年4月21日

産前産後家事・育児支援サービス

重要】お知らせ

  1. 令和3年4月1日から、産後ドゥーラの利用可能時間が15時間になります。利用上限が9時間のドゥーラカードをお持ちの方でも、利用期限が令和3年4月1日であれば、15時間までご利用いただけます。 
  2. 新型コロナウイルス感染症拡大により、ご訪問できない場合やご希望の支援を行うことができない場合がありますので、ご了承ください。

事業の目的

妊娠中や出産直後に日常生活にお困りの家庭に対して、港区内のご自宅で、「ホームヘルパー」または産前産後の母子専門の支援員「産後ドゥーラ」が訪問し、家事および育児支援を行います。

対象家庭・利用限度時間

港区在住で

  • 単胎妊娠の方妊娠中および出産後120日以内に合計96時間(内、産後ドゥーラは15時間)まで
  • 多胎妊娠の方妊娠中および出産後1年以内に合計200時間(内、産後ドゥーラは30時間)まで

利用時間

午前8時から午後10時までの間で、1日1回、2・3・4時間の単位で訪問します。

早朝と夕方以降、日曜日・祝日・年末年始はご希望に添えない場合があります。

※産後ドゥーラは支援者ごとに訪問可能時間が異なります。事業者のホームページ等をご確認ください。

支援内容

家事支援 日常的な食事の支度・掃除及び整理整頓・洗濯・買い物(原則、一度ご家庭に訪問後の買い物となります。)・検診の付添い
産後ドゥーラ 上記の家事支援・沐浴の援助・授乳時の見守り・子育て相談・産後における生活設計の相談
できないこと 季節行事や冠婚葬祭等の特別な手間をかけて行なう調理・大掃除・浴室のカビ取り・換気扇掃除・室外の掃除・網戸の掃除、エアコンや照明器具等の掃除・窓ガラス拭き・床のワックスがけ・庭の草むしり・花木の水やり・犬の散歩等ペットの世話・来客の対応・家具、電気器具の移動、修繕・引越の手伝い等

注意事項及びお願い

※次の場合は、支援をご利用いただけません

  • ご家族が不在の時
  • お子様、ご家族が、新型コロナウイルス感染症やインフルエンザ等伝染病性の疾患にかかっている場合

※家事支援では、育児や保育施設への送迎などは対象外です。

※高級品を取扱う作業は破損の際、責任を負いかねますので、お断りいたします。

利用料金

【単胎妊娠家庭】

訪問時間 2時間 3時間 4時間 キャンセル料金
家事支援料金 1,500円 2,250円 3,000円 2,475円(1時間あたり)
産後ドゥーラ料金 2,000円 3,000円 4,000円 0円

 

【多胎妊娠家庭】

訪問時間 2時間 3時間 4時間 キャンセル料金
家事支援料金 1,000円 1,500円 2,000円 2,475円(1時間あたり)
産後ドゥーラ料金 1,000円 1,500円 2,000円 0円

※住民税非課税世帯は上記の半額、生活保護受給世帯は0円で利用できます。

利用料金の支払い方法は、事業者によって異なります。「ご利用の流れ」の「2.派遣日時の依頼」に掲載している事業者リストをご確認ください。

家事支援について、急なキャンセル・変更の場合、別途自費料金のキャンセル料金が発生しますので、ご注意ください。詳細は、以下の「キャンセル・変更について」をご参照ください。

キャンセル・変更

家事支援 キャンセル・変更は、ホームヘルパー事業者へ直接連絡してください。

訪問予定日のサービス開始時間の24時間前に、ホームヘルパー事業者へ、キャンセル・変更のご連絡をいただければ、キャンセル料金は発生しません。それ以降は、キャンセル料金(自費料金)をお支払いいただきますので、ご了承ください。

ヘルパー派遣の手続きの都合上、変更等はできるだけお早めにホームヘルパー事業者へお知らせください。

急なキャンセル・変更の場合、別途自費料金(予定時間、1時間あたり2,475円と実費交通費)が発生します。

4時間の訪問を2時間・3時間に変更する場合もキャンセル料金の対象となります。
産後ドゥーラ キャンセル・変更は、産後ドゥーラへ直接連絡してください。

キャンセル・変更は、訪問予定日の前日17時までにご連絡ください。

17時以降にご連絡いただいた場合は、1時間利用を行ったこととし、利用可能時間が減算されます。

ご利用の流れ

1.利用登録の申請

港区子ども家庭支援センターへ、「港区産前産後家事・育児支援事業利用申請書(第1号様式)(PDF:131KB)と「母子健康手帳(表紙と1ページ目(保護者の氏名と住所記載欄))の写し」を窓口または郵送(〒107-0062 港区南青山5-7-11 港区子ども家庭支援センター)でご提出ください。

※申請時に住所の移動等で港区での住民税の課税状況が確認できない場合で、非課税世帯の方は、住所があった区市町村が発行する非課税証明書を添付してください。

※1週間程度で、子ども家庭支援センターから利用決定した方へ、1.決定通知書2.ドゥーラ利用カード3.利用のご案内4.事業者リストを送付します。

 

2.派遣日時の依頼 

(1)家事支援

決定通知書等がお手元に届きましたら、事業者リスト(PDF:286KB)から事業者を選び、訪問希望日の10日前までに、申込方法のとおり事業者へ直接お申し込みください。

事業者と日時や支援内容の調整をし、訪問日時を決定します。

※スタッフの空き状況により、ご希望に添えない場合があります。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ご訪問できない場合があります。

 

【重要】申込時には必ず以下の9点を、事業者へお伝えください。

1.登録番号(ドゥーラ利用カードに記載のあるアルファベットと数字6けた(多胎妊娠家庭の場合はその旨)をお伝えください)

2.お名前(利用料をお支払いする方が申請者と異なる場合は、利用料支払者のお名前もお伝えください)

3.郵便番号、住所(マンションにお住まいの場合はマンション名もお伝えください)

4.連絡先(通常時と緊急時の2つ)

5.ペットの有無(有の場合は種類もお伝えください)

6.訪問希望日時

7.日程調整と時間調整が可能かどうか

8.ご希望の支援内容(本ページに記載の支援内容(家事支援)のみ対応可能です

9.出産日または出産予定日

 

※メールで依頼する場合は、上記9点をメール本文にご入力いただくか、依頼書フォーマット(ワード:22KB)記入例(PDF:274KB))に必要事項を入力のうえ、メールに添付してください。

※FAXで依頼する場合は、依頼書フォーマット(ワード:22KB)に必要事項をご入力のうえ、お送りください。

 

 (2)産後ドゥーラ 

決定通知書とドゥーラカードが到着後、松が丘助産院のホームページにアクセスし、「港区産前産後開示育児支援事業:産後ドゥーラを利用する(港区)」より利用の申込みを行います。

>>松が丘助産院のホームページ(外部サイトへリンク)

ご自宅の利用路線を選択していただくと、派遣可能な産後ドゥーラの一覧が表示されます。

※初回訪問時にご希望のサポート内容の確認等の面談を行います。これらは利用時間に含まれます。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ご訪問できない場合やご希望の支援を行うことができない場合があります。

 

3.利用料の支払い

事業者リストに記載の支払方法で、各事業者へ利用料をお支払いください。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部子ども家庭支援センター子ども家庭サービス係

電話番号:03-5962-7201

ファックス番号:03-5962-7205