現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 学校・幼稚園・教育 > 港区教育史編さん > 教員向けワークショップ(『デジタル港区教育史』を活用した教材づくり)

ここから本文です。

更新日:2022年1月7日

教員向けワークショップ(『デジタル港区教育史』を活用した教材づくり)

令和4年3月1日(火曜)の『港区教育史』通史編(全9巻)、資料編(全1巻)刊行を記念して、デジタル版を公開しているWEBサイト『デジタル港区教育史』等を活用した教員向けワークショップを行います。

内容

『デジタル港区教育史』等の港区のデジタルアーカイブの概要を説明した後、いくつかの班に分かれて、地域の資料を活用した教材を検討します。また、視聴のみでの参加も出来ます。

 対象

教材化枠

港区の公立・私立小学校、中学校及び高等学校の教員、学校司書、図書館員、港区立郷土歴史館員

視聴枠

どなたでも

 開催日

2022年3月5日(土曜)13時30分から16時30分まで

 ところ

オンライン(ZOOM)

 定員

教材化枠

15~20名程度(抽選)

視聴枠

なし

費用

無料

申し込み

メールにて、「氏名」「所属(学校名又は施設名)」「希望枠(教材化枠・視聴枠)」「メールアドレス」を明記の上、教育長室教育史編さん担当(minato07@city.minato.tokyo.jp)まで。

教材化枠は2月21日(月曜)、視聴枠は2月28日(月曜)締切。 


よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育推進部教育長室教育史編さん担当

電話番号:03-3578-2829

ファックス番号:03-3578-2759