現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 都市緑化・自然環境 > 生物多様性 > 生物多様性みなとネットワーク > 「ネイチャークエストin芝公園」を開催しました(2018年10月17日)

ここから本文です。

更新日:2020年5月9日

「ネイチャークエストin芝公園」を開催しました(2018年10月17日)

平成30年10月17日(水曜日)、都立芝公園で「ネイチャークエストin芝公園」を開催しました。

生物多様性みなとネットワーク会員でもあるNECは、2011年から生物多様性保全活動の一環として、(公財)東京都公園協会及びNPO法人Green Worksと協働で、平日のお昼休みを利用して、都立芝公園にアサギマダラ(蝶)を呼ぶ活動を実施しており、これまでのべ1700名以上が参加しています。

2016年度から区も協働に加わり、社員だけでなく、区民や生物多様性みなとネットワーク会員も参加しています。

この日は、秋の虫の声を聴きながら、選択的除草を行いました。また、アサギマダラの幼虫が食べる、キジョランを植えました。

生物多様性ガーデンには、蝶や蜂など、たくさんのお客さまが来ていました。

活動の様子

アサギマダラが好むフジバカマや在来の植物を守るため、繁殖力の強い草を選択して除草します。

選択的除草(2018年10月17日)

選択的除草

今回除去するターゲットの草です。間違えないように1人1つに決めます。在来種もありますが、増えすぎてしまうので徹底的に抜きます!

選択的除草ターゲット(2018年10月17日)

ヤブガラシ(在来種:ヤブを枯らすのが由来です)、
ヒメジョオン(外来種)、ドクダミ(在来種)

色とりどりの花が咲く生物多様性ガーデン

生物多様性ガーデン

生物多様性ガーデン

 

ツマグロヒョウモン

吸蜜するツマグロヒョウモン

 

蜂

吸蜜する蜂

アカボシゴマダラの成虫と幼虫

アカボシゴマダラの成虫と幼虫(外来種)

 

お客さまというより、主のようです。

アズマヒキガエル

アズマヒキガエル

アサギマダラの幼虫が食べると円い穴が開きます。円い穴が見つかれば、アサギマダラが訪れた証拠になります。

キジョラン苗 キジョラン植付

キジョラン

今後の予定

次回のネイチャークエストin芝公園は、11月14日(水曜日)に予定しています。

ランチタイムに一緒に生物多様性ガーデンづくりをしましょう!

ページの先頭へ戻る

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課緑化推進担当

電話番号:03-3578-2331

ファックス番号:03-3578-2489