現在のページ:トップページ > 産業・文化・観光 > 産業振興 > 港区チャレンジ商店街店舗応援事業補助金

ここから本文です。

更新日:2021年10月8日

港区チャレンジ商店街店舗応援事業補助金 追加募集及びコロナ対策補助を開始しました!

 コロナ禍という苦境の中、ウィズ・コロナ時代を生き抜くために挑戦を続ける区内商店会加盟店舗等を対象に、新たに「コロナ対策」に要する費用の補助を開始します。また、以前募集しました「新規顧客獲得支援事業」等の新たな取り組みに要する経費について、先着順で4店舗程度の追加募集をします。

(1)区内商店会加盟店舗が新たに取り組む「新規顧客獲得事業」「多言語対応事業」「効率化・省人化事業」「営業時間拡大事業」に係る費用の1/2(50万円限度)を助成します。

(2)コロナ対策費として、非接触や換気のための改装費等に係る費用の2/3(80万円限度)を助成します。

事業チラシ(港区チャレンジ商店街店舗応援事業補助金)(PDF:450KB)

 

 

 

対象店舗

 

以下のいずれにも該当する区内商店会加盟店舗 

1.区内に小売業等の店舗を有する中小企業者であって、商店会に加盟している者(コロナ対策費については、賛助会員として港区商店街連合会に加盟している店舗も含みます)

2.区内で事業を営んでいる者。ただし、新たに取り組む主な事業を実施する際に要する経費については、区内で(申請時点)引き続き5年以上事業を営んでいる者

3.法人にあっては法人都民税及び法人事業税を、個人にあっては特別区民税及び都民税を滞納していないこと

4.小売業・飲食・一部サービス業の店舗を有する資本金(若しくは出資の総額)が1,000万円以下の法人又は、常時使用する従業員が30人以下の企業(個人企業も含みます)

※風俗営業等を含む事業者は除きます

 

例) 小売業 鮮魚店、精肉店、青果店、文具店 等

    飲食業 そば屋、すし屋、喫茶店、レストラン 等

    サービス業 クリーニング店、理髪店、美容院、写真店 等

 

補助対象事業

 

※申請は、1件あたり1万円以上の費用が該当です

 

(1)新たな取り組みに要する主な補助対象経費              

(2)コロナ対策補助対象経費

新規顧客獲得事業:商品開発・販売用機材や設備導入、高齢者や乳幼児連れ親子等の受入環境設備

例)段差解消、おむつ替えスペースの整備、店舗改装費用

 

 

 

店内の感染症対策に要する費用

 

例)空気清浄機の導入、自動手洗い機導入、テレワーク専用席設置工事等

 

※令和3年4月1日以降の経費が対象です

多言語対応事業:外国人観光客の受入環境設備

例)音声翻訳機の導入

効率化・省人化事業:セルフレジ、キャッシュレス対応、自動洗浄機の導入

例)人件費削減のための食器洗浄機の導入

営業時間拡大事業:営業時間拡大のための周知、従業員募集の広告

例)定休日も営業を開始した等のポスター制作費

 

補助対象経費

 

補助対象事業に係る

・工事費 ・デザイン費

・撤去費 ・印刷経費

・施工監理費 ・翻訳料

・設備、備品購入費 ・委託料

・設備、備品設置運搬費  等

コロナ対策経費に係る

・換気扇設置、エアコン設置、光触媒工事、キャッシュレス機器導入、空気清浄機、自動手洗い機、自動開閉トイレ、テレワーク専用席設置(Wi-fi工事、電源工事)、CO2センサー導入、コンサルティング費等

※消耗品は、対象外です

 

補助金額

 

50万円を上限に補助対象経費の

2分の1(千円未満切捨)

80万円を上限に補助対象経費の

3分の2(千円未満切捨)

 

募集店舗数

 

先着順 4店舗程度

予算に達した時点で受付を終了します

40店舗程度

交付申請時提出書類

      以下の必要書類を産業振興課産業振興係まで提出してください。 

・交付申請書(PDF:108KB)

・事業計画書(PDF:110KB)

・予定事業の見積書

・店舗の案内図、配置図、平面図

・納税証明書(法人:法人都民税及び法人事業税、 個人:港区役所発行の特別区民税・都民税)

・履歴事項全部証明書(登記簿謄本)発行から3か月以内のもの(法人のみ)

・区内で営業していることが確認できる書類の写し

・新たに取り組む経費の申請の場合は、創業5年以上であることが確認できる書類の写し(営業許可証・開業届等)

注意事項

・新たな取り組みに要する主な対象経費は、交付決定以降に事業を実施することが条件です。

・港区への申請内容(経費)に関して国、東京都、公社等の補助対象となっていないことが条件です。

・令和4年3月31日(木)までに改装、支払い及び区へ完了報告することが条件です。

・事業実施年度から起算して5年以内に廃業した場合は、補助金の返還が必要です。

 

 

 

 

 郵送申請する際の郵送料について

切手不要の「料金受取人払」を実施します。

郵送申請をご利用しやすくするため、区が郵送料を負担します。

受取人払封筒の様式をダウンロードし、外枠に沿って切り、封筒に貼り付けていただければ、切手不要で郵送可能です。

ぜひご活用ください。

受取人払封筒の様式

・長3封筒(定型)(横120ミリメートル×縦235ミリメートル)用(PDF:93KB)

・角2封筒(定型外)(横240ミリメートル×縦332ミリメートル)用(PDF:86KB)

※こちらを印刷し、封筒に貼付してください。

※印刷する際は、拡大、縮小をしないでください。

注意事項

切手を貼って郵送申請した場合、返金等の対応はいたしかねます。

 

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部産業振興課産業振興係

電話番号:03-3578-2556

ファックス番号:03-3578-2559