• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 赤坂地区総合支所 > 暮らしの情報 > 赤坂地区の地域情報誌(最新号)

ここから本文です。

更新日:2018年12月27日

赤坂地区の地域情報誌(最新号)

 編集委員が選ぶ赤坂・青山のパワースポット 後編

パワースポットと言われて思い浮かべるのは、どんな場所でしょうか。日本一えらい神様がいる場所?樹齢何千年の木々が並ぶ島?それとも世界の中心にある愛を叫ぶ場所?

前号に続いて「編集委員が選ぶパワースポット」の後編をお届けします!“パワースポット”は人それぞれですが、今回も編集委員が総力をあげて、皆さんを豊かな気持ちにさせてくれる場所をご紹介します!

青山 善光寺(あおやま ぜんこうじ)青山でも体験できます!真っ暗闇の「戒壇めぐり」。

青山表参道交差点のほど近く、今や華やかで現代的、人通りの絶えない青山通りから一歩足を踏み入れると、おや、もうそこは別世界!こんな所に目にも鮮やかな朱塗りの仁王門が・・・!ここは、あの有名な信州善光寺別院、「南命山無量寿院善光寺」です。本堂瑠璃檀におまつりしてある御本尊は一光三尊仏。その中心の阿弥陀如来は、合掌して「南無阿弥陀仏」と唱えれば、救いの手を差しのべてくださるといわれています。

春には美しい桜満開の境内では、社務所、手水舎はもちろん、高野長英(江戸時代の蘭学者)の顕彰碑や松尾芭蕉句碑“山路来て 何やらゆかし すみれ草”などがやさしく迎えてくれます。

入口の以前の仁王門は惜しくも東京大空襲で焼失しましたが、現在も戦前と同じ“天下り仁王尊”が仏の守護神として安置されています。右が那羅延金剛力士で口を開き、左が密迹金剛力士で口を閉じ、ともに、智をあらわす尊像です。

青山善光寺では、長野の善光寺と同じく極楽浄土が約束されるといわれる「戒壇めぐり」が体験できます。本堂の闇の回廊をめぐり、御本尊の真下に安置されている「極楽のお鍵」に触れて、如来さまのご慈悲におすがりし、心の闇を払うと心眼を開くことができるそうです。回廊の中は本当に真っ暗闇で何も見えません。

他にも、毎年7月最終の日曜、月曜には「納涼盆踊り」が盛大に行われます。また、12月31日午後11時30分頃に足を運ぶと「除夜の鐘」を撞くことができるそうです。日常の煩雑さ、街の喧騒を離れて、心安らかなひとときを、青山善光寺で過ごしてみてはいかがでしょうか?

青山 善光寺

  • 北青山3-5-17
  • 電話番号:03-3401-3915
  • 【開門時間】9時00分~17時00分
  • 東京メトロ「表参道」駅 A3出口 徒歩2分
  • ちぃばす青山ルート「120表参道」徒歩2分

明治神宮外苑並木(めいじじんぐうがいえんいちょうなみき)歩くとわかる!?いちょう並木のパワー。

「明治神宮外苑いちょう並木」は街路樹では珍しく、観光名所になっています。葉の形がアヒルの脚に似ていることから、中国語で「鴨脚」と呼ばれているいちょう。その実である「銀杏」は、皇帝に「鴨脚の実です」と出すわけにいかなかった料理人が、咄嗟に思いついたネーミングという説があります。黄金の葉と銀の実がいっぱいのいちょう並木は、金運アップの場所といわれていますが、実は話題となった学園ドラマの告白シーンでも使用されているように、恋愛が叶う場所ともいわれています。

ところで国道246号線から聖徳記念絵画館へ向かうと、下り坂になっているのをご存じですか?造園家・都市計画家の折下吉延氏が遠近法を利用し、絵画館が大きく見えるようにと道路の高低差は約1メートル、いちょう自体も少しずつ低く植樹し造園。日本初の耐震理論を唱えた建築家の佐野利器が携わった建造物である絵画館の裏手には、明治天皇の葬場殿跡があり、葬場殿、絵画館の中央大広間、いちょう並木が一直線になるよう設計されています。約13種もの国産大理石を使った絵画館中央大広間から眺めるいちょう並木も絶景です!

いちょう樹木は全部で146本あります。明治神宮外苑と東京都の各管轄があるにもかかわらず、見事な景観が保たれているのは二者で話し合い、4年に一度、剪定しているからです。そして今年は剪定の年。葉が落ちた頃に、日本一高いクレーン車を用いた作業風景も見られますよ。

絵画館を背にした帰り道は上り坂となって後ろ髪を引かれるような仕掛になっており、もっと一緒に居たい気持ちになること受け合いです。

造営当時、西洋庭園として設計されたいちょう並木は歩きながら公園を感じることができる歩道として、日本初の風致地区※に指定されました。訪れるたびに発見のあるいちょう並木に気になるあの人を誘って出かけましょう!

※風致地区:1919(大正8年)に制定された都市計画法において、都市内外の自然美を維持保存するために創設された制度。

明治神宮外苑いちょう並木

  • 東京メトロ「青山一丁目」駅 1番出口 徒歩5分
  • ちぃばす青山ルート「123青山二丁目交差点」下車すぐ

咲柳山 報土寺(しょうりゅうざん ほうどうじ)雷電の奇跡の梵鐘を聞きに。

伝説の力士が眠るお寺。そこに奇跡の梵鐘がある!と聞き、赤坂の報土寺に伺いました。港区で1、2を争う急勾配な坂として有名な三分坂。そのスタート地点に位置し、江戸時代からの築地塀が目印です。

お話しを伺ったのは、15代目ご住職の朝倉俊さん。伝説の力士とは、江戸時代の最強力士、雷電為右衛門です。

その雷電が、文化の大火で焼失した報土寺に梵鐘と鐘楼を寄進。ところが、鐘をつるす竜頭に二人の力士が四つに組む形を模すなど異様な形であった為、寺社奉行によって没収され、長い間つり鐘のない状態でした。2代目の鐘が明治41年に再現されたものの、太平洋戦争下で国に供出。その後ずっと行方がわからないままでした。

それが、東京大空襲後に五日市町の普光寺に引き取られ、保存されていたのです!

平成元年に引き取る際、普光寺の大勢の檀信徒さんが別れを惜しみつつ優しく見送ってくれたことが、ご住職には忘れられない思い出だとか。46年ぶりに鐘が戻ってきたので、焼けた鐘楼を再建することに。鐘楼の跡地は子どもの遊び場でしたが、土の中から雷電が寄進した瓦が出てくるという、2度目の奇跡が起きました。

一番鐘を撞いたのは、寄進時はもちろん雷電、明治に再現された時は大砲萬右衛門、平成に帰還した時には千代の富士貢。名だたる力士に縁のある報土寺、ここ一番の勝負時にパワーをもらえるかも!

現在では、夕方5時の港区のチャイムが鳴り終わった後、ご住職が毎日梵鐘を撞いておられます。是非一度、奇跡の鐘の音を聞きに報土寺へ出向いてはいかがでしょう。

咲柳山 報土寺

  • 赤坂7-6-20
  • 電話番号:03-3583-5401
  • 【開門時間】8時00分~17時00分
  • 東京メトロ「赤坂」駅 6番・7番出口 徒歩2分
  • ちぃばす赤坂ルート「39赤坂五丁目交番前」 徒歩1分

赤坂氷川神社(あかさかひかわじんじゃ)パワーの宝庫!赤坂氷川神社。

東京十社の一つに指定されている赤坂氷川神社は、天暦5年(951)から1000年以上の歴史を有するお社です。その歴史からもわかるように、ここにはたくさんの社宝・文化財が残されており、参拝後、貴重なそれらの姿に触れながら散策できる、まさにミュージアム的な神社です。

早速、正面入り口の鳥居をくぐった先にある「社殿」は、享保14年(1729)に建造。関東大震災や東京大空襲の被災を奇跡的に免れ、今もなお江戸時代当時のまま現存されており、昭和51年(1976)に東京都の有形文化財に指定されている大変貴重な建物です。社殿での参拝が終わったら、次は境内を回ってみましょう!まずは、参道脇の奥にそびえ立つ「大銀杏」。こちらは樹齢推定400年上とされる天然記念物にあたるもの。東京大空襲で木の幹の大部分が空洞になっていますが、未だ葉が生い繁るこの大銀杏は傍に立っているだけでも強いパワーを感じます。

そのまま社殿方向に歩いた右手にある東参道の石段を降りていくと、氷川神社の末社にあたる、「四合稲荷神社」があります。こちらのお稲荷さんは、4社を合わせたお稲荷さんを当時近くに住んでいた勝海舟によって、幸福の“幸せ”、志の“志合わせ”もかけて“四合稲荷”と名付けられました。現在はさらに縁起の良い社が加わって7社が祀られていますので、お参りするだけで倍倍に幸せが訪れてくれるかも?

さて、皆さん神社で目にする狛犬は何対だと思いますか?大抵は1対か2対ですが、こちらでは7対もの「狛犬」に出会えます。なかでも手水舎と社殿の間にある楼門の脇にいる狛犬は東京都で2番目に古い狛犬というから驚きです。写真からもわかるように頭が平たい狛犬は、昔はそこにロウソクを置いていたのでは?という説もあるとか。その狛犬の前にある「石灯篭」もまた文化財に指定されているので、楼門まわりは見どころ満載です!最後に紹介するのは「力石」。これは、江戸時代~明治時代にかけて、力試しを競う際に用いた石とされるもので、境内の土の中から発見されました。この力石の場所はあえて秘密にしておきます(笑)。ぜひ宝探しのつもりでご自分で探してみてくださいね。

赤坂氷川神社

  • 赤坂6-10-12
  • 電話番号:03-3583-1935
  • 【開門時間】6時00分~17時30分
  • 都営地下鉄「六本木」駅6・7番出口、東京メトロ「赤坂」駅6番出口、「六本木一丁目」駅1番出口、「溜池山王」駅12番出口各徒歩8分
  • ちぃばす赤坂ルート「51-2 赤坂六丁目」徒歩6分

ページの先頭へ戻る

 Vol.06 赤坂青山地域の大使館を訪ねて バーレーン王国大使館

第40号から赤坂・青山地域にある大使館を訪ねてその国の歴史、文化、観光などの特色についてインタビューをしています。第6弾では、バーレーン王国を紹介します。インタビューにご協力くださったのは、バーレーン王国大使館のアハメッド・アルドーセリ大使です。

豊かな文化と多数の歴史的遺産を持つ国

歴史

バーレーンはディルムン、ティロス、アワルの文明発祥の地で、その歴史は深く5000年以上前にさかのぼります。歴史を通してバーレーンは湧き出る真水やヤシの木で知られており、「不老不死の地」または「グレート・パラダイス」と呼ばれていました。バーレーンはレバントのフェニキア、古代イラクのメソポタミア、古代エジプトのナイルの河谷の文明にとって重要な場所でした。遺跡や歴史的証拠から、バーレーンは貿易拠点および東と西の中継地点となっている事が分かります。

1783年、アハメッド・アール・ファーテフにより征服されたのち、バーレーンの近代史が始まり、以降はアール・ハリーファ一族により支配されました。1971年8月15日、バーレーンは英国から独立し、同年12月16日に英国の保護国からも独立しました。近代化が進む中、バーレーンは1973年に初の憲法を公布しました。

ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ国王が1999年に主権を握ると、バーレーンは新時代に入り、立憲君主制のもと、国民行動憲章と2002年の憲法改定案に即し改革と発展を行い、王国となりました。バーレーンは大きく発展し、また、立法機関の下、先進的かつ継続的な政治的民主的改革を行い、バーレーンは地域そして国際社会の中で主要な地位を占めるようになりました。

見たい、行きたい(観光)

バーレーンにはさまざまな観光地があります。歴史に興味がありましたらバーレーンの歴史スポットを訪れてみてください。バールバール神殿やバーレーンアラド要塞、アル・アーリ古墳群やディルムン古墳群などがあります。また、アッダール島でゆっくりするのも良いでしょう。イルカウォッチングやパールダイビングを体験できます。バーレーン国立博物館では5000年以上に渡るバーレーンの歴史、考古学、現地の習慣や伝統文化などを学ぶことができます。

その他の情報はこちらのウェブサイト(外部サイトへリンク)からご確認いただけます。

食べたい、飲みたい(食文化)

マチブース

バーレーンの伝統的な料理の一つです。魚や鶏肉、ラム肉などを入れた炊き込みご飯です。

グージ

グリルしたラム肉に米や野菜、スパイスなどを詰めた伝統的な肉料理です。

ガフワ

現地の言葉で“コーヒー”という意味です。バーレーンではおもてなしの際に提供され、ダッラと呼ばれるコーヒーポットからフィンジャンという小さな器にコーヒーを注ぎます。

大使館からのお知らせ

2019年1月に行われる「港区大使館等周遊スタンプラリー」に参加します。バーレーン王国大使館は1月21日(月曜日)~1月25日(金曜日)の5日間、参加します。ぜひお越しください。バーレーン王国大使館からのお知らせは、ホームページ、Twitter、Instagramをご覧ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:赤坂地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5413-7272