• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 防災・生活安全 > 防災・災害対策 > 大震災に備えて > 食糧・生活必需品等の備蓄

ここから本文です。

更新日:2015年2月1日

食糧・生活必需品等の備蓄

大震災により、日常の食糧などが調達困難になった場合に備え、食糧、生活必需品、防災資機材等の備蓄をしています。

倉庫     倉庫

避難所備蓄倉庫の様子

備蓄倉庫

食糧・生活必需品を備蓄しておくための備蓄倉庫は、避難所となる小中学校を始めとして、他の区有施設及び民間ビルなど約100ヶ所に整備しています。

食糧

食糧は、アルファ化米、乾パンを備蓄しています。また、高齢者や乳幼児向けにおかゆや粉ミルク等の備蓄も行っています。
平成21年度からは、各避難所にミネラルウォーターの備蓄を開始します。

数量

アルファ化米 約266,300食
乾パン 約97,450食
おかゆ 約23,000食
保存水 約385,000本

生活必需品・災害対策用資機材等

生活必需品は毛布、カーペット、肌着などを備蓄しています。
また、ライフラインの停止に備えて発電機、投光器、組立式トイレや救助用の資機材、炊き出し用のバーナーなども備蓄しています。

医薬、医療品等

消毒液や包帯、ガーゼなどの救急セットの他に医療救護所において使用する医薬品、医療資器材を区有施設等に備蓄しています。
また、オストメイト(人工肛門、人工膀胱を造設した人)用のストーマ装具を各総合支所に備蓄しています。

備蓄品の入れ替えについて

賞味期限に合わせて入れ替えをしています。賞味期限が近づいたアルファ化米や乾パンなどは、防災訓練で炊き出しを行なったり、参加者に記念品として配布するなどして有効活用しています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課防災係

電話番号:03-3578-2541

ファックス番号:03-3578-2539