• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

骨粗しょう症検診

骨粗しょう症とは、カルシウムを中心とした骨量が減って骨折しやすくなった状態です。原因として、カルシウム不足、妊娠・出産や閉経後の女性ホルモンの減少によりますが、運動不足やダイエットでも起こりやすくなります。
骨粗しょう症になると、転んで手をついただけで骨折したりと、ちょっとした衝撃が骨折につながってしまいます。
できるだけ早いうちに自分の骨量がどの程度かを知り、生活習慣を改善することで予防することができます。そのためにも、まず骨粗しょう症検診を受けましょう。

骨粗しょう症検診のご案内

検診日

原則、第2・4水曜日

受付時間:受付時間:午後2時~2時45分
※日程は、骨粗しょう症検診日程表を参照してください。

ところ

みなと保健所

内容

内容

問診、骨密度測定(DXA法)、診断、保健・栄養指導
※DXA法の詳細は下記のDXA法(デクサ法)をご覧ください。

対象

区民で、20歳以上の女性で次のいずれかに該当する人

  • 5歳ごとの節目年齢の人
  • 過去5年以内に受診してない人

※現在、骨粗しょう症で治療中の人はご遠慮ください。

定員

各日20人(申込順)

費用

無料

申し込み、問い合わせ

原則、毎月11日午前9時から、翌月分を電話で受付
みなと保健所健康推進課健康づくり係へ
電話:03-6400-0083

広報

検診のご案内は、毎月11日号の広報「みなと」にも掲載します。

 

DXA法(デクサ法)検診の様子

二重エネルギーX線吸収測定法(dual-energy X-ray absorptiometry)

港区の検診では、前腕部に微量のX線をあて骨量を測定します。
特徴として、測定の精度が高い、測定時間が短い、放射線の被曝量が低いなどがあります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課健康づくり係

電話番号:03-6400-0083