• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康診査・がん検診 > 健康診査・がん検診のご案内

ここから本文です。

更新日:2018年7月28日

健康診査・がん検診のご案内

平成30年度港区健康診査・がん検診の受診期間は7月1日から

受診期間について

指定医療機関で受診できる受診期間は下記の通りです。健(検)診の種類によって、受診期間が異なりますので、ご注意ください。

  • 特定健康診査・基本健康診査・骨粗しょう症検診…7月1日~11月30日
  • 30(さんまる)健診…7月1日~平成31年3月29日※12月以降は、「こころとからだの元氣プラザ」で実施
  • 胃・大腸・肺・喉頭・前立腺・子宮頸がん・乳がん(視触診)検診…7月1日~平成31年1月31日
  • 乳がん検診(マンモグラフィ検査)…7月1日~平成31年2月28日
  • 肝炎ウイルス検診…4月1日~平成31年3月31日

健康診査・がん検診等は原則予約制です。指定医療機関へ早めにご予約ください。なお、医療機関ごとの事情により、定員や実施期間を設けている場合があり、受診期間内でも希望の医療機関に予約ができなくなることがありますので、ご了承ください。

健康診査・がん検診等実施医療機関名簿の全体版は、下記「関連情報」の「医療機関名簿/List of medical institutions(日本語/English)」でご確認いただけます。

受診券の発送について

平成30年度港区健康診査・各種がん検診等の受診券発送スケジュール

第1回 6月19日(火曜)

5月18日(金曜)現在の住民登録情報等により送付しています。

第2回 7月24日(火曜)

5月19日(土曜)から7月8日(日曜)までに港区に転入した人、港区国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入した人、生活保護の受給を開始した人に送付します。

第3回 10月10日(水曜)

7月9日(月曜)から9月24日(月曜)までに港区に転入した人、港区国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入した人、生活保護の受給を開始した人に送付します。

※10月10日(水曜)以前でも、受診対象であることを確認できれば、お申込みにより受診券を送付します。早めの送付を希望する場合は、下記担当部署にお問い合わせください。

ご確認ください
  • 40歳以上の対象者には、上記日程で、対象となる健(検)診の受診券が送付されます。
  • 20~39歳の人は、年齢、検診受診歴等の要件により、受診券の送付にお申込みが必要となる場合があります。受診券の送付等については、下記担当部署にお問い合せください。
  • 9月25日(火曜)以降に、港区に転入した人、港区国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入した人、生活保護の受給を開始した人の受診券については、発送にお申込みが必要となります。該当する人は、下記担当部署にお問い合わせください。
  • 受診券とともに、受診できる区内指定医療機関名簿を記載した「健(検)診のご案内」冊子を同封します。医療機関へのご予約方法、実施内容等の確認にご利用ください。

平成30年度からの変更点について

がん検診

胃がん検診、大腸がん検診、肺がん検診、喉頭がん検診、前立腺がん検診の受診期間を2か月間延伸しました(7月から翌年1月まで)。

30(さんまる)健診

30~39歳の人を対象に実施する「30(さんまる)健診」が、指定医療機関で受診できるようになりました。

骨粗しょう症検診

骨粗しょう症検診が、単独で受診できるようになりました。

【ご注意ください】

特定・基本健康診査、骨粗しょう症検診の受診期間は7月1日から11月30日までです。上記のがん検診の受診期間と異なりますのでご注意ください。

※みなと保健所を健診会場とした「30(さんまる)健診」と「骨粗しょう症検診」は、平成30年度からは実施していません。

※「骨粗しょう症検診」の受診を希望し、受診券がお手元にない場合は、お問い合わせください。受診には受診歴等の確認が必要な場合があります。

平成29年度からの変更点について

胃がん検診

胃がん検診の検査内容として、従来の「胃部エックス線検査」に加え、50歳以上の偶数年齢の人を対象に、「胃内視鏡検査」を追加しました。

50歳以上の偶数年齢の人は、胃がん検診の「胃部エックス線検査」「胃内視鏡検査」のいずれかを選択できます。ただし、同じ年度に受診できるのは、どちらか一方の検査です(胃内視鏡検査と胃部エックス線検査の両方を受診することはできません。)。

※平成30年度の対象者は、送付される胃がん検診の受診券シールに「胃がん検診(内視鏡・X線選択可)受診券」と印字されています。

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診の検査内容として、従来の「細胞診」に加え、30・33・36・39歳の女性を対象に、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染の状態を調べる「HPV検査」を追加しました。

30・33・36・39歳の女性で希望する人は、「細胞診」「HPV検査」を受けることができます。

※平成30年度の対象者は、送付される子宮頸がん検診の受診券シールに「子宮頸がん検診受診券(細胞診+HPV)」と印字されています。

健(検)診の対象年齢について

平成30年度に実施する港区健康診査・各種がん検診等は、平成31年3月31日現在の年齢で対象者を判定しています。

関連情報

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課健康づくり係

電話番号:03-6400-0083