• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年10月1日

ストップ!「ながらスマホ」

最近、スマートフォンを操作しながらの歩行中や運転中における「ながらスマホ」が増えています。「ながらスマホ」は非常に危険な行為です。

なぜ危ないか?-視野が極端に狭くなり、無防備状態に!-

人間は多くの情報を目から取り入れていますが、スマートフォン操作中は画面に集中することで視野が極端に狭くなり、周囲の危険に気づきにくい大変無防備な状態となってしまいます。

どんなリスクがあるか?

交通事故被害

自動車や自転車などに気づかず、接触すれば大事故にもつながりかねません。

犯罪被害

ひったくり犯や痴漢などの犯罪者に隙を狙われるかもしれません。

自分が「加害者」に

「ながらスマホ」の結果他人に怪我をさせることなどがあれば、法律上罪に問われることもあります。

「被害者」にも「加害者」にもならないために

スマートフォンには楽しいコンテンツがたくさんあり、つい夢中になってしまうこともあると思いますが、自らが交通事故や犯罪の被害者となってしまったり、または加害者となってしまわないためにも、「ながらスマホ」行為を皆でストップしましょう。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課生活安全推進担当

電話番号:03-3578-2270

ファックス番号:03-3578-2539